Proffesional Audio & Cable, Vintage wire, CD Mastering, Music compose. You can order directly. プロ用ケーブルやヴィンテージワイヤー、電源機器販売、CDマスタリング、WEB音楽制作の音楽レーベルWAGNUS.のブログです。ご注文はこちらでもお受けします。wagnus@me.com
by wagnus.
プロフィールを見る
画像一覧

白雪姫 WAGNUS.Snow White Guitar Cable ご試聴記

一昨日、いつも御世話になっている"グレイト"パーカッショニストの
田邊晋一さんからのご紹介で、メジャーで活躍されているSunSet Swishの
ギタリスト冨田有樹さんがお二人ご一緒に、うちのホームスタジオに起こし頂きました。

SunSet Swish
http://www.sunsetswish.com/


お二人の目的は今度発売予定をしている、弊社WAGNUS.の
フラッグシップギターケーブルである
WAGNUS. MILKY *Snow White* sparkler guitar cable

と、パッチケーブルである
WAGNUS. MILKY *Airo strike* guitar patch cable
の御試聴。

既にどちらも完成しており、あとはネットショップホームページを開設してから
正式発売をしようと思いますが、今まで実はちょこちょこと直販だけで
極僅な方に販売およびデモをしていただきましたが、物凄く好評をいただいており
またレビューも頂戴しております。(最終段に掲載させていただきます)

主旨としては、他の追随を許さない突き抜けた音の良さを持つ
「WAGNUS.のフラッグシップギターケーブル」を提供すること。
それを目標に、最高の線材を使い何度もハンダ選定や結線などのテストを行い
完成させたのが、このWAGNUS. MILKY *Snow White* sparkler guitar cableでした。


e0153314_15495217.jpg
e0153314_3203519.jpg



その為、ある程度に自信は持っていたのですが、それでもメジャーの方に
お使いいただくともなれば、少し心配もありました・・正直。笑
イマイチと思われたらどうしようかなぁ・・とか。

しかし、いままで色々な定番ケーブルや、高精度と評判のいいケーブルと
比較をしてまいりましたが、自分でいうのもなんですが、ぶっちぎりで
音がいいんですよねコレが。音スピードと芯の濃い1音のピント感と
圧巻な立体的な音抜け、それでいてファットさまでも有するサウンドは
桁ハズレです。

そこから、更に何度もテスト製作をしていき、完成に至りまして・・
ノキナ・シュンさん(天才・エフェクタービルダー)の
ご紹介でスウェーデンの著名ギタリスト、RICHARD LUNDMARKさんに
デモをしていただく際に、日本と海外ではケーブルに対してのとらえ方が違う
というシュンさんのアドバイスから、「日本仕様」と「海外仕様」で
サウンドテイストを変えて2バージョンを製作しました。

「日本仕様」はスイートスポットに艶と抜けとクリアさが出るタイプで
「海外仕様」はより倍音豊かながら周波数的なバランスに特化したタイプ。

これらはどちらも凄くいいサウンドで、僕もどちらもお勧めでしたので
今回は2タイプ用意させていただき、試聴をしていただきました。

方法は、アンプをお持ちいただき、冨田さんのストラト(エレキギター)で
ケーブルを色々と取り替えて、試奏をしていただく・・という方法。

まずは、お手持ちの有名な「プロビデンスケーブル」のギターケーブルで。
「・・うん、いつもの音ですね」と。
特別悪い印象もないし、流石にいいギターだなぁーとか思いつつ僕も
聴いていました。どうやら日本のカスタム工房のギターだそうです。

で、次に僕からとりあえずギターケーブルで音が変わるのを
聴いていただくために定番のMOGAMIのケーブルに差し替えていただきました。
但し、コレは2534というマイクケーブルをカスタムした逸品。
石川県のギタリストで「同志」西本直樹さんもお気に入りいただけた品です。
「おお、違うねー。もっとコシがある感じでハイも綺麗になったね」
という感じで、さすがのMOGAMIケーブルはいい音です。
個人的にはプロビデンスに引けを取っている感じはしませんでした。


で、更にここで、あのオヤイデの傑作ギターケーブルといわれている
PA-01Hに変更。
「おおっ、これはいいねー。今までで一番いい」と好評。
やはり、PA-01Hらしいエッジの立った煌びやかなサウンドでPCOCC-Aらしい
良い音がします。うーん、なんか先にコレ聴かせるんじゃなかったかなぁ・・
とか少し後悔しました。笑


そして、まあそろそろ勿体つけるのもなんなので、早速いきますかー!と
WAGNUS. MILKY *Snow White* sparkler guitar cableのテストスタートです。
ちなみに、このケーブルは限定数しかつくれないため(おそらく90本ほど)
すべてナンバリングがされています。
#001〜020までは、縁のあるアーティスト様への販売提供品で
一つ一つにホワイトオパールをコネクタにつけるというオプション付き。
まさに「Snow White(白雪姫)」です♪

e0153314_3211178.jpg



・・ということで、まずは日本仕様から。
こちらは#030。
ジャーン・・・と音を出した瞬間に、お二人の表情がギョッ!とする。
キタコレ!的な。

・・も、ぶっちぎりでスカーーン!!と突き抜ける音の良さに
「うわーーすげーーー!これはいい!とんでもないものを作りましたね!」
と大絶賛いただきました。

あーよかった。笑

とにかく、ピッキングレスポンスの早さと音の抜け、全帯域においての
音の粒立ちの良さ、それでいてファットでパワフル。
誰が聴いても、ぶっちぎりで音がいいと判るこのサウンドに酔いしれていただきました。
冨田さんは、その音の立ち上がりの早さにかなり驚かれ、ガッと弾いた瞬間に
音が今までにはあり得ないくらいのスピードで飛んでいく、ということを仰っていましたが
まさにそれが、このケーブルの特徴といえます。
そして全帯域において、音域の減衰がなく、全ての音階でしっかりと綺麗に鳴る。
更に、音の伸びは美しく、音程を狂わすことなく、倍音を効かせながら
キーーーーーン・・・・・と伸びていくのを、お二人は何度もチェックしては感動していただけておりました。

それから、実はこのケーブルは特殊な製造方法をしているため、L字プラグ側と
ストレートプラグ側を、ギター←→アンプで入れ替えると音が少し変わるように
設計してあります。それも確かめていただき、楽しんでいただきました。

そして次に、海外仕様タイプでテスト。
こちらは#010。ホワイトオパール付き仕様。

すると「おお、これも音がまた更に良いふうに違うねーー!」
と田邊さんは、「僕だったらこっちかなー!」と。笑
その倍音の美しさや、音の芯の太さやグッとくるエナジー感に惚れ惚れとしていただきました。

ちなみに、その後に僕専用につくった特殊仕様!
#000を聴いていただきました。
これはナイショな作りなので、公表しませんがかなり面白い作りです。
「なんか日本版と海外版のいいとこどりですね!」
という、御評価。
たしかに素晴らしいものなんですねーこれが。


その後、今度はWAGNUS. MILKY *Airo strike* guitar patch cableパッチケーブルテスト。

e0153314_20121071.jpg

e0153314_20132072.jpg



最初にいつものセッティングということで

ギター→プロヴィデンスケーブル→ワウエフェクター→パッチ→
歪みエフェクター→プロヴィデンスケーブル→アンプ

という接続。

うん、太くていいサウンドです。
ドン!とくる感じ。
ただ、すこしブーミーな印象でしょうか・・。

で、まずはパッチだけを交換してみました。

ギター→プロヴィデンスケーブル→ワウエフェクター→ *Airo strike* guitar patch cable
歪みエフェクター→プロヴィデンスケーブル→アンプ


すると・・・

おや???

ここだけでも、音にガッツがでる!
僕も「へーー」とか愕きました。笑

そこだけでも、結構な変わりようでした。

このパッチケーブルもかなりの自信作でしたが、まさか1接点かえるだけで
こんなに違うとは驚きでした。
このパッチの特徴は、細身ながらもとても芯の太いサウンドで、且つ中高域の
抜けが抜群です。その為、パッチで普段繋いでいくと、劣化して減衰していく
中高域が損なわれず、それでいてファットに伝送されるので、音痩せ皆無!
という逸品です。
しかも、お値段は安くだせるので、お二人とも驚かれていました。むふ♪
(1本約2000前後)

そして、最後に全てを僕のパッチケーブルとギターケーブルに変更されて
音を鳴らしてみると、もはや別世界!

もう、皆でオウイエア!て感じでした。笑


そして、結果的に冨田さんには、Snow White Guitar Cable海外版1本
更に僕の特殊タイプに近い特別に仕様のを1本(工房に皆でいき製作)。
パッチケーブル×6本。

以上をお買いあげいただきました。

もう、るんるんで「やったー・・!」と
お持ち帰りいただけたようで、僕も嬉しかったです♪

自分の心血注いで作った、ギターケーブルがメジャーアーティストにも
使っていただけて、音楽業界に貢献できるのは有難いことです。
ご紹介いただきました、田邊さん有り難うございました。

このギターケーブルとパッチは今後、弊社のHP製作の折に
ネットショップとして公式発売致します。
また、できれば池部楽器などで取り扱っていただけるように
交渉させていただければとも考えています・・。

ご興味おありの方は、是非お問い合わせくださいませ。
先行発売可能です。



★以下、アーティストレビューです。
 ご参考くださいませ。

ケーブルいつも使っています。ライブももちろんなんですが、レコーディングの時がすごくいいです。エレキギターをAVALONのVT-737につなぎLogicで録っています。出てくる音にワクワクします。間違いなくいい音に変わりました。音の粒子を今まであまり意識したことがなかったのですが、粒子が美しくなった感じがします。独特の存在感を持っていて、きらびやかだけどギラギラせず、上品と言うのでしょうか、とてもいいです。中毒性がありますね!

実は、ここに至るまでいろいろと試行錯誤を重ねました。僕のギター(Gibson / ES-330)の場合ですが、最初ダダリオというメーカーの弦を張ってました。いままでの安いギターケーブルの時はまったく気にならなかったのですが、ケーブルを変えてから音が物足りないことに気がつきました。それで、ケーブルのL型のコネクターの方をギター側ではなく、アンプ側につないで使ったら少しいい感じになりました。それから、弦をダダリオからアーニーボールに変えました。これがよかったです。音は、柔らかく、粘り気があって、温かで、僕好みな音になりました。アーニーボールに変えてからは、L型のコネクターをギターの方にして使っています。ここまで細かいことに意識が向いたのもこのケーブルのおかげだと思います。ありがとうございます。

ケーブルでここまでセッティングやらいろいろなことに対する考え方が変わるのだと驚きました。あと、単純に音自体が美しいので気持ちいいです。ありがとう。このケーブルで録った曲が僕のmyspaceのトップの曲になっています。よかったら聴いてみてください。

<小島大介 a.k.a DSK / Port Of Notes>

http://www.myspace.com/daisukekojima



これまでアナログで制作してきたので、僕はスタジオなど現場での音の違いに気づかされます。
このケーブルを使わせて頂くようになってから、アンプから音を出すという行為が今までより
すっと楽しみになりました。
弾いた手の先からアンプから音が出る瞬間まで一つに繋がっている感覚です。
このケーブルを通す事で使用しているグレッチギターの音色が、本来の音の芯をよりしっかりと
確かなものとして経由によって失われることなく煌びやかに存在感を増している。
その潔さ。その無駄の無さ。
初めてこういう音が出せて、ギターが喜んでいる気がします。
こだわりを譲らない制作者さんの、職人としての熱意を感じます。
一人の音の作り手として、感謝と尊敬の念を禁じ得ません。
 
< haruka nakamura >
http://www.myspace.com/harukanakamura



"After having tested Wagnus cables (a tele instrument cable and some patches),
I was very impressed! The cables are very transparent, but not in the "brittle highend" kind of way, but much more musical.
They seem to allow for more dynamics than other cables, while at the same time rounding off unwanted "ice-pick" frequencies in the high-end.
They gave me a very "smooth" tone, but still retaining all the "twang" of my strat.
The jacks were nicely decorated, and the outer layer of the cable felt cool. Nice with a white cable for a change I might add!
For musicians serious about their tone, and looking to stand out in the cable crowd, I would highly recommend trying the Wagnus. line."

< RICHARD LUNDMARK >
http://www.myspace.com/fretdance


e0153314_15584725.jpg




by wagnus. | 2009-11-08 14:52 | ギターケーブル / シールド | Comments(4)
Commented by Sue@mixi at 2009-11-15 17:20 x
Sue@mixiこと、Studio Gisuzuのgisuzuです。

まず・・・冨田さんですか!良い人に来て貰いましたね!!恐らく、ライブで二回程拝見させて頂いたと思うのですが、知人と「ねえねえ、アレ、シンセ、『展覧会の絵』で有名な冨田さんの親戚って噂があるけど、ホントかな?どうかな?」なんて、どうでもいいこと言ってましたが・・

一点お願い!

使用したギターアンプの型番、また、出来れば冨田さんの使用ギター(ストラトキャスターのカスタムショップものですよね?)を書いて欲しい!

まあ、同時代モデルの、マーシャル真空管ヘッド&ユニット四発定番品で音が良くて、ローランド・ジャズコーラスの同じ位のW数、100-200Wで、「これだと全然駄目!!」てこたないと思いますが・・・でもやっぱ、トランジスタアンプか、チューブアンプか位の情報は欲しいですNE☆
Commented by Sue@mixi at 2009-11-15 17:21 x


で、Fender社ストラトキャスターのモデルでの試奏でしたが、

「ピッキングレスポンスの早さと音の抜け、全帯域においての音の粒立ちの良さ、それでいてファットでパワフル。」

前半は、金掛けりゃ作れるんです、思うに。8N銅とか単線銀線でも撚れば。

でも、ストラト、フェンダーの、ギブソンに比べると圧倒的に細い、繊細な音、これを「ファットでパワフル」にした技術、これは凄いと思います。

ジミ・ヘンドリクスも、エリック・クラプトンも、あるいは日本なら村八部の山口冨士夫さん、この辺り、「それでいて、ファットでパワフル」だと思います。

すいません。お金がないので、50cmだと幾らですか?もち、ギター→アンプ用です。
Commented by wagnus. at 2009-11-17 08:20
Suesさん、こんにちは。

冨田さんのお持ちになったアンプは、とりあえず持ち込みが可能な確か小型のフェンダーの60年代のアンプとのことでした。型番は聞いていないのでわすれましたが真空管式で音も結構、上から下までそこそこでるタイプのものでした。W数はおそらく40Wくらいでしょうか。

ちなみに以前、友人にBOGNERのShive Customなどでもテストいただいていますが、同じような御感想でしたので、ワット数などでの音質差異は出ることはないと思われます。

冨田さんのギターは、カスタムショップのもので、これまたメーカーを失念しましたが、ストラトの割には芯の太い良いサウンドのギターでした。

Commented by wagnus. at 2009-11-17 08:20
ちなみに、ピッキングレスポンスの早さなどは8N銅等でも出すことはできません。なぜなら、オヤイデPA-01HのPCOCC-A(7Nクラス)でもそのレスポンススピードは得られません。それよりも、圧倒的にスピーディーです。

そして音の太さを確保しておりますので、自作レベルではどうにもならないレベルの素材で製作と特殊接点アイディアで製作をさせていただいております。

尚、大変申し訳ございませんが50cmでの販売は致しておりません。

3m〜となります。
限定販売となりますため、全てにナンバリングをしております。

ちなみにパッチケーブルは50cmも販売は勿論可能です。
こちらの音質もかなりのものですのでお勧めでございます。

宜しくどうぞお願い申し上げます。
検索
カテゴリ
ブログパーツ
最新の記事
【重要なお知らせ】Diamo..
at 2017-09-29 18:03
【2017.10.21(Sa..
at 2017-09-27 19:59
Worldwide ship..
at 2017-09-26 16:25
【Spider Lily】宮..
at 2017-09-22 18:02
急遽!「Prototype ..
at 2017-09-08 21:16
最新のコメント
8412使用しています。..
by YAMHA ITR at 20:05
初めまして。ご多分に漏れ..
by sevracing at 13:06
> taizoさん い..
by wagnus. at 13:10
Sieve Sheep ..
by taizo at 12:00
> 南極船さん お問い..
by wagnus. at 11:48
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧