Proffesional Audio & Cable, Vintage wire, CD Mastering, Music compose. You can order directly. プロ用ケーブルやヴィンテージワイヤー、電源機器販売、CDマスタリング、WEB音楽制作の音楽レーベルWAGNUS.のブログです。ご注文はこちらでもお受けします。wagnus@me.com
by wagnus.
プロフィールを見る
画像一覧

【The bloodline of sheeps】* Floating Sheep * 2017.12.16 release



F l o a t i n g  S h e e p




この冬、WAGNUS.が自信をもってお届けする

2017年ラストを飾るに相応しい最新作ケーブルの発表をさせて頂きます。


e0153314_14203700.jpg

■“Sheep”の系譜

初代フラッグシップケーブル「Sieve Sheep」をはじめ、「Hidden Sheep」「Frosty Sheep」「Silence Sheep」など、WAGNUS.はこれまでに当ブランドの代名詞といえる“Sheep”と名の付くキャリア最高品質/音質・作品を生み出してきました。


各Sheepケーブルに関する詳細はこちら。

Sieve Sheep

Hidden Sheep

Frosty Sheep

Silence Sheep



今回の主役となる最新作「Floating Sheep」もまた、それらの例に漏れずレジェンドクラスの資質と実力をもつ最高のケーブルとして自信をもって皆さまの耳へお届けいたします。




■歴代Sheepに決して劣らない驚愕の構造とスペックをもつ超稀少・極細ヴィンテージ線材

まず、この線材を手に入れられたのは幸運という他ないものでした。詳細は残念ながらトップシークレットですが、Sieve Sheepの線材と同じドイツ入手ルートの信頼できる友人から「1スプールのみだが、あのワイヤー(=Sieve Sheep)と製造元が同じで、年式も近く(推定1950年前後)、更に細いものがある」という情報がきっかけでした。

WAGNUS.フラッグシップケーブル「Sieve Sheep」序章。

e0153314_14210751.jpg


その気になるスペックですが、なんと1芯あたり0.05mmの30芯シルク巻き銅線という超極細で贅沢な信じられない構造でした!これはFrosty Sheep開発の経緯から鑑みても、現代技術でイチから設計開発しようとも実現はおそらく不可能かと思われます。

episode of ❄︎Frosty Sheep❄︎

e0153314_14211706.jpg

上が「Sieve Sheep」、真ん中が「Hidden Sheep」、そして下が「Floating Sheep」です。
Hidden Sheep」も十分といえる細身を誇りますが、「Floating Sheep」はさらに細身の仕上がりとなっています。




■“Prototype F-S”時における実験の日々、そして完成版へ

Floating Sheep」のサウンドが完成するに至るまで、幾度もの実験によるトライ&エラーのくり返しの日々でした。今年の秋初め頃に、まだ試験段階でしたが片鱗を聴かせ始めていたものに「Prototype F-S」と一時的に名付け、数回に渡りイベントにてフィードバックの為の試聴サンプルとして展示を行っていました。


急遽!「Prototype F-S」を9/10の試聴会で出展させていただきます!

展示の段階ではそこそこの評価を頂いていましたが、「まだまだもっと良くなる」という確信がありましたので、それからも実験とノウハウから追い込みを続け…遂に完成、正解に辿り着きました。

e0153314_14205167.jpg



Floating Sheep、その驚くべきサウンド

そうして完成へ至った「Floating Sheep」のサウンドですが・・当時「Sieve Sheep」で衝撃を受けて頂いた方々と似たインパクトを与えられるのではないかと思っています。

か細い線からはおよそ考えられない程に力強く、高密度で、圧倒的な解像度、そしてどこまでも音楽的でハートに響くサウンド。

「Prototype F-S」の頃から顕著であった、弊社随一レベルの超精密で伸びやかに捉えた高域表現はそのままに、この完成版では中低域に一層の厚みとナチュラルなグルーヴにより「繊細表現に優れているけど、ケーブルの見た目通り多少なり不足感、頼りなさも感じる」という印象を解消できました。

プロトタイプの段階でも「この細さにしてはパワー感がある」ものでしたが、それでも「何かが足りないのでは」という疑念は残り続けました。そういった懸念を吹き飛ばすに値する、明らかな洗練さと密度、纏まりがこのケーブルには感じることが出来ます。

聴くものを包み込む様な倍音、リアルに迫り続けるドラムの金物、コシの据わったベースライン、ハートに訴えかけてくる声。

この辺りはぜひ実際に聴いて体感して頂きたいです!




販売価格

69,800円(税込)


一人でも多くの方に“Sheep”を手にして貰いたい想いから、この度ではできる限り頑張らせて頂いた価格設定とさせて頂く事にいたしました。
ご検討頂ける機会となりましたら幸いです。




完全限定生産

上にも書いていますがその入手経緯からもレアリティが極めて高く、また1スプールのみの入手、おそらく再入手は不可能に近いため「Floating Sheep」は100本の完全数量限定生産とさせて頂きます。先日の「Diamond Dust type “Noctilucent”」ではありませんが、線材がなくなり次第完全終了の売り切りとなります。



ポタフェスをはじめ今後のイベントにも少しづつ放出されてもいきますので、12/16の発売開始以降でご注文頂けます際はどうぞお早めに。





■イヤープラグ装飾は無償にて施行させて頂きます

・Diamond Dust silver&gold nugget

レジンアートワークとしてイヤープラグに銀箔によるダイヤモンドダストテイストなアートワークを行わせていただきます(L側にシルバー、R側にシルバー&ゴールド)。
音質だけでなく、見た目的にも美しいデザインを。




製品評価欄


【点数評価(10点満点中/当社製品比)】


高音域:9.8

中音域:9.4

低音域:8.8

解像度:9.7

クリア感:9.3

パワー感:8.4

レンジ感:8.4

立体感:9.4

分離感:9.5

定位感:9.3


総合点数 = 92.0



【コメント評価】


音輪郭:エッジが立ちつつも突き刺さらない包容力がある

音色感:澄みきった透明感のあるウォームさ

取回し:大変細くフレキシブルに使える

音質感:シャープなキレ感の中にアナログな暖かさがあり、そしてハイファイでもある一言に「ズルい」サウンド




【製品基本仕様】

・長さは約120cm前後


・耳側はSHURE掛けとしてもお使いいただけます
(耳掛けワイヤーあり)

・マスタリングスタジオクラスの精度で追い込んだ性能とサウンドのケーブル仕様


・ハイレゾ音源再生を意識し最高品質の素材を電気電送の知見から製造


・周波数バランスの胆になるツイストの掛け処理と巻方向にも拘って製造


・高音質を実現すべく心を籠めてオールハンドメイドにて製造させていただいております。

・圧倒的に追い込んだ高品質ハンダとアセンブリ技術によって製造




【主なイヤープラグタイプ】

・溝ありL字型クリアシェル2pin type(溝あり/溝なし両用可)

・MMCX ストレート型クリアシェル type

・UE Custom / qdc type

・FitEar type

・JH4pin type(No Variable Bass Control)<税込+20,000円>

・溝ありストレート型メタルシェル2pin type(パーツの構造上ワイヤーなしとなります)

・MMCX ストレート型メタルシェル type(パーツの構造上ワイヤーなしとなります)

・SENNHEISER HD800 type<税込+5,000円>



※1.上記にない他のタイプは要相談となります

※2.パーツの確保の兼ね合いにより予告なくプラグパーツの形状やカラーが変わる場合がございますことを予めご了承くださいませ。




【ケーブルプラグタイプ】

・3.5mm single-end typeオヤイデ製P3.5仕様


・4.4mm 5poleトープラ販売製仕様for SONY WM BTL-Balanced <税込+2,160円>


・for Astell & Kern BTL-Balanced 2.5mm 4極オヤイデ製仕様


・for HiFi-Man 3.5mm 4極 Balancedオヤイデ製P3.5/4G仕様<税込+2,160円>


・for RSA 4pin Balanced


・for pono player Balanced 3.5mm 2又<税込+2,160円>


・for SONY PHA-3 Balanced 3.5mm 2又<税込+2,160円>


・6.3mm single-end type <税込+2,160円>




【アップグレードプラグオプション】


・NIDEON製 2.5mm 4極プラグ(シルバー外装)

詳細記事→新アップグレードプラグ「NIDEON製2.5mm 4極プラグ」オプションご案内開始のお知らせ*

オプション料金:税込5,000円


・トープラ販売製 CINQBES 2.5mm 4極 純銅無メッキプラグ コンペティションモデル

詳細記事→【新アップグレードプラグ】「トープラ販売製 CINQBES 純銅無メッキ コンペティションモデル」各種9/10よりご案内を開始いたします!

オプション料金:税込5,500円


・3.5mm 3極シルバープラグ

オプション料金:税込3,000円

・トープラ販売製 CINQBES 3.5mm 3極 純銅無メッキプラグ コンペティションモデル

詳細記事→【新アップグレードプラグ】「トープラ販売製 CINQBES 純銅無メッキ コンペティションモデル」各種9/10よりご案内を開始いたします!

オプション料金:税込5,000円


・トープラ販売製 CINQBES 4.4mm 5極プラグ

詳細記事→4.4mm 5poleプラグアップグレードオプション「トープラ販売製フラッグシップモデル CINQBES」仕様での受注を開始いたします!

オプション料金:税込8,000円


・日本ディックス製 4.4mm 5極プラグ Pentaconn OFC

詳細記事→4.4mm 5poleプラグアップグレードオプション「日本ディックス製 Pentaconn OFC」仕様での受注を開始いたします!

オプション料金:税込10,000円




【ラッシュオーダー】


10日営業日以内での製造および発送をさせて頂くラッシュオーダーオプションを設けさせていただきます。


オプション料金:税込10,000円



【正式発売日】

2017年12月16日より ※完全受注生産

製造納期:おおよそ3週間〜1ヶ月ほど



【取り扱い】

WAGNUS.直販(wagnus@me.com)



【取り扱い予定】

フジヤエービック / eイヤホン / 宮地楽器 / etc.




ポタフェス当日の会場では試聴デモ機各種と即販会も行います!

発売日となる12/16(Sat)はポタフェス初日目になります。当日のWAGNUS.ブースでは先日発表させて頂いた新作「Easter Lily」とならび数量限定販売を行わせて頂きます!そう多くはご用意出来ませんが、購入ご検討頂けますと幸いです。

仕様などにつきましては、後日発表のケーブルリストの記事更新までお待ち下さいませ。


e0153314_14202638.jpg



by wagnus. | 2017-12-13 21:33 | リケーブル各種(AKバランス含む) | Comments(0)
検索
カテゴリ
ブログパーツ
最新の記事
「ポタ研 2018冬」会場に..
at 2018-02-09 18:31
【Reincarnation..
at 2018-02-08 20:23
【貴重】❄︎Frosty S..
at 2018-01-11 11:31
年末年始休業のお知らせ
at 2017-12-19 10:43
「ポタフェス2017 -WI..
at 2017-12-15 20:29
最新のコメント
RCAプラグでバランス接..
by さかい at 18:59
> なおさん お世話に..
by wagnus. at 10:17
配送業者はどちらなのでし..
by なお at 20:50
↑ こういう人がい..
by とおりすがり at 08:34
8412使用しています。..
by YAMHA ITR at 20:05
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧