Proffesional Audio & Cable, Vintage wire, CD Mastering, Music compose. You can order directly. プロ用ケーブルやヴィンテージワイヤー、電源機器販売、CDマスタリング、WEB音楽制作の音楽レーベルWAGNUS.のブログです。ご注文はこちらでもお受けします。wagnus@me.com
by wagnus.
プロフィールを見る
画像一覧

【Reincarnation of “Noctilucent”】“Mesospheric” 2018.02.10 release



M e s o s p h e r i c

e0153314_14252243.jpg

2018年のトップバッターとしてWAGNUS.がリリースする最新作は、「最新」であり「生まれ変わり」でもあるケーブルです。


前身的存在、Diamond Dustシリーズ第七世代「type “Noctilucent”」

弊社ブログをよくチェック頂けていたり、また展示会にお越し頂いている方には既にご存知かと思われますが、
本最新ケーブル「Mesospheric(メソスフェリック)」は人気の内に惜しくも終売を迎えた「type “Noctilucent”」の新生考案し開発された経緯の、それでいて「type “Noctilucent”」とはまた異なったベクトルでサウンドアプローチするモデルです。

Diamond Dust type “Noctilucent”に関する記事はこちら。

“Diamond Dust” recable series( type Noctilucent )

【重要なお知らせ】Diamond Dust type “Noctilucent”終売いたしました【完売御礼】


記事②にもあります通り、「type “Noctilucent”」は製作で片側に使用していた太い方の主線材(22AWG。もう片側の細い線材は28AWG)が使い切り&再入荷が困難であると判断し残念ながら終売とさせて頂きました。
Diamond Dustシリーズは冷戦時代のUSSR供給1980年代ブルガリア製の高レアなワイヤーである為、線材確保数の違いこそあれどそのいずれもがスーパーリミテッドケーブルになります。



新たな素材入手と実験、プロトタイプ展示におけるお客様の反応など

もう片側の細い28AWG線材はまだストックに余裕があった事と、「type “Noctilucent”」自体の人気・支持も高かったので、何とか2代目となるものがつくれないかと画策したのが「Mesospheric」誕生のきっかけでした。
「type “Noctilucent”」で使用していたものとは違いましたが、同じ出どころで同じ22AWGの白い線。色以外は基本的に同スペックと思われるこの線材を入手し実験スタートとなりました。

プロトタイプ展示始めの記事がこちら。

「秋のヘッドフォン祭 2017」会場にて特別販売を行うケーブルリストを公開です!


当時は二つのサウンドパターンから決めかねていたため、実際に両機聴き比べて頂き意見を頂戴しようという事で展示を行って参りました。一つは「type “Noctilucent”」と異なったベクトル「A」、もう一つは「type “Noctilucent”」に出来るだけ寄せてみた「B」。
結果として、好評を多く得ていたのは「A」でした。「type “Noctilucent”」を所持されているオーナー様数名からも会場にて「たしかに音の傾向が結構違うけど、これはこれで良いですね!」と言って頂いていました。

それからも実験の継続と吟味、フィードバックを続けた結果、評判を得ていたPrototype/Aを正式採用としNoctilucent2改め「Mesospheric」としてこの度発売をさせて頂く運びとなりました。

e0153314_14254397.jpg


SPECIFICATIONS

28AWG×2/22AWG×2 Pure Silver plated copper
The world BEST-performance PTFE insulator
Professional solder
Clear PE tubing
Cable color:Silver×White



「Mesospheric」のサウンド

まず、「type “aenigma”」や「type “Noctilucent”」同様に位相特性に大変優れスピード感があります。全体的にバランスが整っている中で圧倒的なワイドレンジとパワフルさを発揮し、中域にエネルギッシュさがあり余裕をもって領域内で響かせています。決定的に違うのは、「Mesospheric」にはエモーショナルな躍動を感じる所にあります。
また28AWG線の恩恵により、ただパワーに任せた訳でなくしっかりキメ細かさも保有しているところは「type “Noctilucent”」の無二の性能を継承しています。パワフルさは低音のベースやバスドラ、中音域のボーカルに、キメ細かさは中高域のギターやスネア、高域のハットなどから感じ取ることができます。

「type “Noctilucent”」では深く沈み込むローがかなり特徴的でしたが、「Mesospheric」はもっとミッドサイドで煌びやかなイメージです。煌びやかでありながらダークな質感があり、ウォームさも感じますがどちらかといえばクール寄りな印象です。
※0を基点としてaenigma、Noctilucentのクール度を3とするならMesosphericは1、といったニュアンス

また、音量が大きい程に気持ち良くお聴き頂けるスペックとなっていますので、ご使用の際は耳に配慮しつつご堪能頂きます様お願い申し上げます。


取り回しについては、正直お世辞にも優れているとは言えず(笑)弊社取扱いリケーブルの中でも上位の太さです(Voskhod 2.5mmと同等程度)。
それでも終売を迎える程に人気があったのが「type “Noctilucent”」でした。基本的に太いということはそれだけ電気抵抗を減らし、周波数における減衰を抑え、そして表皮効果によるサウンドイメージの太さが力強さや音場、情報量などといった要素がより余さず備わってくるという事に繋がっております。
使う状況は選ぶかもしれませんが、じっくり腰を据えて聴かれるシチュエーションでは最大クラスのパフォーマンスを発揮してくれます。「Mesospheric」でも、その大人の醸し出す余裕的なサウンドを感じ取って頂けたら幸いです。


製品評価欄


【点数評価(10点満点中/当社製品比)】


高音域:9.0

中音域:9.3

低音域:9.2

解像度:9.5

クリア感:9.1

パワー感:9.4

レンジ感:9.4

立体感:9.2

分離感:9.2

定位感:9.1


総合点数 = 92.4



【コメント評価】


音輪郭:余裕で鳴らす力強さと懐の深さ。また、ドライブ感に溢れスピードレスポンスも優れている

音色感:クール寄りで少しダークなシルキーさ

取回し:ポータブルとしては非常に太く、フレキシブルには使いづらいため状況をやや選ぶ可能性あり

音質感:全体的に非の打ち所がない万能で格好の良いモダンサウンド。ボリュームの大きさに比例して気持ちよさが格段に変わってくる




販売価格

48,600円(税込)



【製品基本仕様】

・長さは約120cm前後


・耳側はSHURE掛けとしてもお使いいただけます
(耳掛けワイヤーなし

・マスタリングスタジオクラスの精度で追い込んだ性能とサウンドのケーブル仕様


・ハイレゾ音源再生を意識し最高品質の素材を電気電送の知見から製造


・周波数バランスの胆になるツイストの掛け処理と巻方向にも拘って製造


・高音質を実現すべく心を籠めてオールハンドメイドにて製造させていただいております。

・圧倒的に追い込んだ高品質ハンダとアセンブリ技術によって製造




【主なイヤープラグタイプ】

・溝ありL字型クリアシェル2pin type(溝あり/溝なし両用可)

・MMCX ストレート型クリアシェル type

・UE Custom / qdc type

・FitEar type

・JH4pin type(No Variable Bass Control)<税込+15,000円>

・溝ありストレート型メタルシェル2pin type

・MMCX ストレート型メタルシェル type

・SENNHEISER HD800 type<税込+5,000円>



※1.上記にない他のタイプは要相談となります

※2.パーツの確保の兼ね合いにより予告なくプラグパーツの形状やカラーが変わる場合がございますことを予めご了承くださいませ。




【ケーブルプラグタイプ】

・3.5mm single-end typeオヤイデ製P3.5仕様


・4.4mm 5poleトープラ販売製仕様for SONY WM BTL-Balanced <税込+2,160円>


・for Astell & Kern BTL-Balanced 2.5mm 4極オヤイデ製仕様


・for HiFi-Man 3.5mm 4極 Balancedオヤイデ製P3.5/4G仕様<税込+2,160円>


・for RSA 4pin Balanced


・for pono player Balanced 3.5mm 2又<税込+2,160円>


・for SONY PHA-3 Balanced 3.5mm 2又<税込+2,160円>


・6.3mm single-end type <税込+2,160円>




【アップグレードプラグオプション】


・NIDEON製 2.5mm 4極プラグ(シルバー外装)

詳細記事→新アップグレードプラグ「NIDEON製2.5mm 4極プラグ」オプションご案内開始のお知らせ*

オプション料金:税込5,000円


・トープラ販売製 CINQBES 2.5mm 4極 純銅無メッキプラグ コンペティションモデル

詳細記事→【新アップグレードプラグ】「トープラ販売製 CINQBES 純銅無メッキ コンペティションモデル」各種9/10よりご案内を開始いたします!

オプション料金:税込5,500円


・3.5mm 3極シルバープラグ

オプション料金:税込3,000円

・トープラ販売製 CINQBES 3.5mm 3極 純銅無メッキプラグ コンペティションモデル

詳細記事→【新アップグレードプラグ】「トープラ販売製 CINQBES 純銅無メッキ コンペティションモデル」各種9/10よりご案内を開始いたします!

オプション料金:税込5,000円


・トープラ販売製 CINQBES 4.4mm 5極プラグ

詳細記事→4.4mm 5poleプラグアップグレードオプション「トープラ販売製フラッグシップモデル CINQBES」仕様での受注を開始いたします!

オプション料金:税込8,000円


・日本ディックス製 4.4mm 5極プラグ Pentaconn OFC

詳細記事→4.4mm 5poleプラグアップグレードオプション「日本ディックス製 Pentaconn OFC」仕様での受注を開始いたします!

オプション料金:税込10,000円




【イヤープラグ装飾オプション】

・Diamond Dust silver&gold nugget

レジンアートワークとしてイヤープラグに銀箔による
ダイヤモンドダストテイストなアートワークを行わせていただきます。(L側にシルバー、R側にシルバー&ゴールド)見た目的に美しいデザインをお求めの方にお勧めです。

オプション料金:税込3,000円

e0153314_19474163.jpg



【ラッシュオーダー】


10日営業日以内での製造および発送をさせて頂くラッシュオーダーオプションを設けさせていただきます。


オプション料金:税込10,000円



【正式発売日】

2018年2月10日より ※完全受注生産

製造納期:おおよそ3週間〜1ヶ月ほど



【取り扱いと問い合わせ】

WAGNUS.直販(wagnus@me.com)



【今後の取り扱い予定】

フジヤエービック / eイヤホン / etc.



ポタ研2018冬、当日のフジヤエービック様販売ブースでは数量限定で放出!

発売日となる2/10(Sat)はポタ研当日でもあります。僅少ですが即購入ができるものをご用意させて頂きます。宜しければご検討下さいませ。

仕様などにつきましては、明日のケーブルリスト記事の公開までお待ち下さい。


e0153314_14253267.jpg
e0153314_14255569.jpg



by wagnus. | 2018-02-08 20:23 | リケーブル各種(AKバランス含む) | Comments(0)
検索
カテゴリ
ブログパーツ
最新の記事
最新のコメント
> わかもとさん お問..
by wagnus. at 14:21
現在、Frosty Sh..
by わかもと at 22:01
RCAプラグでバランス接..
by さかい at 18:59
> なおさん お世話に..
by wagnus. at 10:17
配送業者はどちらなのでし..
by なお at 20:50
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧