Proffesional Audio & Cable, Vintage wire, CD Mastering, Music compose. You can order directly. プロ用ケーブルやヴィンテージワイヤー、電源機器販売、CDマスタリング、WEB音楽制作の音楽レーベルWAGNUS.のブログです。ネットショップからご注文いただけます。 https://www.wagnus.jp
by wagnus.
プロフィールを見る
画像一覧

超良質の1960's “TELEFUNKEN” speaker cable WAGNUS. customをポタフェスで限定販売します✴︎



先日「ポタ研 2018夏」で限定販売を行わせて頂いた「Vintage “NEVE” Console wire customs 」は大変好評を頂き、特にリケーブルは開場後に即刻完売というとてもありがたいご注目を頂けました。改めて心より御礼申し上げます。


そのポタ研から一週間後と間隔が空かずに開催される「ポタフェス秋葉原」で、そのまま熱気を保ち何か出来ないかとスタッフ間で話し合いました。


やるなら引き続きポタ研に匹敵するような、「本気度がクレイジーレベルのヴィンテージケーブルカスタム」を今回も、何かできないかと考察し、いやでも時間も少ないし、難しいのでは・・と悩みつつ、スタッフ一同で「うーん、、うーん」と唸りながら思案していました。。


うーーん・・・・・






出来ました!(笑)





音決めにかなり試行錯誤させられましたが、何とかギリギリ間に合いました・・!(笑)これ、だいぶ良いですよ。





※前回と同様になりますが、こういったヴィンテージシリーズは数を作れないため、一点ものが特に多く、通常販売はとても困難で希少性と歴史的な価値、そして当時のものでしか出せない、独特で素晴らしいサウンドを持っています。それには、安易に古いものを取り入れるのではなく、当時の音の成り立ち、構造、経験から、どういう音に落とし込むのが「正解」なのかを理解した上で製作をする必要があります。


さて、


今回はかの超有名なドイツのメーカーの超貴重なヴィンテージスピーカーケーブルのNOS品を使って製作したリケーブルになります!スピーカーケーブルを使っちゃうあたり、本気度を感じていただければと・・(笑)


本記事では販売ケーブルリストに先駆けて、その貴重なヴィンテージケーブルの紹介をしていきたいと思いますのでご一読いただけますと幸いです。



では、こちら!!です



1960's “TELEFUNKEN” SP cable custom !!!

e0153314_10344906.jpg

■“TELEFUNKEN社”について

TELEFUNKEN(テレフンケン)はかのSIEMENS社とAEG社が1900年頃に無線技術とテレビのメーカーとしてドイツのベルリンで設立された超有名老舗ブランドです。国営のマイクロフォン製造やスピーカーや音響機器などを製造しており、今でもそのヴィンテージTELEFUNKENのマイクはプロの録音スタジオでも愛用されていますし、TELEFUNKENの真空管も大変貴重で、真空管アンプオーディオの世界でも憧れのメーカーとして名を馳せています。2001年には北米が商標を取得し生まれ変わっており、名機の復刻だけに留まらず新作開発も精力的に行われています。真空管ベースのコンデンサーマイクとダイナミックマイクをメインとした幅広いマイクロフォンを始め、プレミアム真空管やヴィンテージマイクのレプリカ、ヘッドフォン、そしてケーブル等を手掛けています。



■“TELEFUNKEN”のスピーカーケーブル

今回のスペシャルリケーブルに使用したのは、そんなTELEFUNKENの1960年代19GAヴィンテージ・スピーカーケーブル。どこもデッドストック分しか保持していない大変貴重かつ良質なN O S品(未使用)です。弊社でも数十メートルしか持っていない為、切売および加工数には非常に限りがあります。

このケーブルの持つサウンドの特徴としては、とにかくパワフル!全域でエネルギー感があります。多少中域にエナジーが寄る感じでですが中高域も抜けが良く、現代の楽曲でも堅実に鳴らしつつも柔らかくファットでワイドレンジ。それでいて独特の乾いた感じの質感を持つ素晴らしいスピーカーケーブルです。

以前、弊社の記事でも以下の様に説明していました。↓

スピーカーケーブル以外でも機器内部配線材やギター内部配線材として、また音声ケーブル製作にもお勧めで、そのサウンドの良さを失うことはありません。実は少々太めですが、柔軟性があるのでイヤホンリケーブル用にも、加工してお使いいただきやすいケーブルかもしれません。

そして今回、本ケーブルを使って本来持っている特徴・味はしっかり残しつつも、太さを軽減するためにマイナス線には別線を用いて製造し、WAGNUS.でアレンジを施したスペシャルリケーブルをポタフェスで限定販売させていただくことに致しました!これも是非ご注目あれ。

以下をご参照下さいませ。



■「ポタフェス秋葉原」で特別販売の【1960's “TELEFUNKEN” SP cable custom】!

e0153314_20083422.jpg

ジャーマンヴィンテージらしい中低域にコシとパンチのあるパワフルなサウンド。各音の輪郭がくっきり、ハッキリしており高域と低域に独特の丸みがあります。味わい深い芳醇さ、音楽的により楽しみたい方におすすめです。

また、当リケーブルのGNDには別線として冷戦時代に使われていた70年代のテフロンジャケットケーブル(抹茶色)を使用。これにより製作構造問題(両方ともTELEFUNKENのスピーカーケーブルにした場合、太すぎてコネクタやプラグに納まらなくなってしまう)の解消とツイスト掛けの実現、取り回しにも最善に配慮した構成となっています。音質にも問題・影響ありません!


価格もこれ以上ないくらい抑えた会場超特別価格にて販売です!!(だいぶおすすめです)
宜しければ、この機会に是非お手に取り下さい*


限定計3本

・for AK BTL-Balanced 2.5mm 4極 NIDEON製プラグ Custom 2pin type

税込販売価格:29,800円


・for AK BTL-Balanced 2.5mm 4極 NIDEON製プラグ MMCX type

税込販売価格:29,800円


・for SONY WM BTL-Balanced 4.4mm 5極 日本ディックス製 Pentaconn OFCプラグ Custom 2pin type

税込販売価格:34,800円




※本ケーブルのグレー被膜はビニール素材になります。耐熱性が低く、また取り回しを配慮し熱収縮チューブも首元以外使用しておりません為、高温にお気を付けてお取り扱いも丁寧にご使用いただきますようお願い致します。



by wagnus. | 2018-07-13 17:48 | リケーブル各種(AKバランス含む) | Comments(0)
検索
カテゴリ
ブログパーツ
最新の記事
「ポタフェス2018 SUM..
at 2018-07-13 18:58
超良質の1960's “TE..
at 2018-07-13 17:48
【Unique Melody..
at 2018-07-12 18:33
「ポタ研 2018夏」会場に..
at 2018-07-06 17:21
超弩級のVintage ”N..
at 2018-07-05 19:41
最新のコメント
> わかもとさん お問..
by wagnus. at 14:21
現在、Frosty Sh..
by わかもと at 22:01
RCAプラグでバランス接..
by さかい at 18:59
> なおさん お世話に..
by wagnus. at 10:17
配送業者はどちらなのでし..
by なお at 20:50
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧