Proffesional Audio & Cable, Vintage wire, CD Mastering, Music compose. You can order directly. プロ用ケーブルやヴィンテージワイヤー、電源機器販売、CDマスタリング、WEB音楽制作の音楽レーベルWAGNUS.のブログです。ご注文はこちらでもお受けします。wagnus@me.com
by wagnus.
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:BELDEN音質比較( 2 )

BELDEN 8412の真実と8770との比較

日本ではすっかりメジャーとなりました米国BELDEN社の8412番ケーブルのお話を今回はしようと思います。

昨今、このBELDEN 8412ケーブルは日本の音楽業界ではメジャーの地位を築き、ギターケーブル用・ベースケーブル用といった楽器用から、オーディオ用の音声信号用としても幅広く使われるようになりました。

実はこのケーブルの設計はものすごく古いもので、だいたい1950年代〜60年代の設計物ということをご存じでしょうか?それだけ歴史の古いケーブルで、元来はマイク用・レコーディング用のケーブルとして設計されたローインピーダンスケーブルです。

また各所で見かける「海外スタジオの定番」という記述や、「フラットな音」という記述は実は全て真実ではない、ということも下記をご覧いただければお判りになるかと思います。


BELDEN 8412の構造は絶縁体に耐老化性・電気的性質・耐油性に強いゴムであるEDMP(エチレンプロピレンジエンゴム)を使用したもので、太さは20AWG×2芯+シールド。外皮もEDMPでつくられており、独特のゴム質感があります。

EDMPは「電気的性質が良い」とはいえゴムの中での話しで、その電気特性は現代のスタジオ用ケーブル類(MogamiやCanare等)に使われているポリエチレンやポリプロピレンや、BELDEN 88760やその他のプレナムケーブルシリーズに使われているテフロン系と比較すると、比誘電率、電気抵抗的には相当よくない部類となり、電気特性をマイナスなく伝送することはできず、フラットに音を伝達できる構造にはありません。

サウンドは基本的には絶縁抵抗から起こる、超高域と中域減衰〜錫メッキによる効果で中高域にピークが出てドンシャリとなります。

こういった素材は、昔のリボンマイクに付属されていたケーブルなどと構造が酷似しており、云ってみればBELDEN 8412の構造自体はヴィンテージケーブルのようなものといえます。その代わり、ウォーム質感を持たせたいマイクなどにはハンダとの組み合わせで、良いアナログサウンドなケーブルが作れます。またギターケーブルとしても悪くはないのですが(得にJAZZ系にはヴィンテージハンダとのマッチングで合うかもしれません)、弊社ではどちらかといえば、ベースケーブルとしてお薦めします。ちょうど、このドンシャリ具合がベースの帯域にマッチして、非常にエッジがありパワフルな低音を響かせてくれます。また、オーディオ用ケーブルとしてでしたら、このドンシャリ具合が結構ROCKなサウンドになるので、そういった音楽の視聴時や制作時にはお薦めかもしれません。ただし、スタジオモニターケーブルとしての使用は御法度です。これだけはやめるべしです。


ところで、よく間違われるお話としては、BELDENのケーブルだから、BELDENブランドのサウンドがする筈、という認識。

例えば、オヤイデ電気さんが制作されているブランドのケーブルは、PCOCC-Aなどの導体を使われているため、中高域のキラッとし、且つ芯のあるサウンドが特徴で、そのブランドイメージが定着しているかと思いますが、ことBELDENのケーブルにはそれは当てはまりません。

というのは、BELDENは元来は「工業用ケーブルメーカー」です。その為、実に数100種類のケーブル型番が存在し、それぞれの用途として使われています。もちろん、その用途によって、ケーブルの構造は全く別モノとなります。ケーブルの音質というのは、導体の太さ、導体の銅構造、導体のメッキの種類、絶縁体の種類、芯線の数、シールドの構造、内部ジオメトリー、外皮材質などの多岐に渡る構造が総括的に音質に還元されます。そうなると、当然ですがBELDENのように数100もあるケーブルが同じ傾向な音質になりうることはないのです。実際、弊社でも多くのBELDENケーブルを取り扱ってまいりましたが、同じサウンドというものは、1つとしてありませんでした。(むろん、シリーズものとしては構造が近いものは音質傾向は近くなります)

ちなみに弊社で取り扱っている、BELDENの「オーディオ用ケーブル」登録のBELDEN 8770と、BELDEN 8412の比較をしますと、8770は絶縁体にポリエチレンというホームオーディオ用ケーブルやスタジオ用ケーブルでは定番の高品質な素材を使っている為、電気抵抗においてはかなり優秀で、フラットレスポンスに近いサウンドとなります。また太さも18AWGと太く、それがそのまま音の太さに反映されます。ですので、両者を比較すると8770の方が全帯域において太くクセが少なめで、しっかりとしたサウンド。ということになります。

ケーブルとは基本的に、いかに電気的ロスを減らして、信号を伝達するかということがポイントとなるため、電気抵抗の強い素材と構造をもつBELDEN 8412はフラットに電気信号を伝えることは難しいというのが本当のところです。


先に海外のスタジオの定番といわれていることも真実ではないと記述しましたが、海外の・・得にアメリカのスタジオで一番使われているケーブルは、実は日本のMOGAMI製ケーブルです。MOGAMIのケーブルは安価で且つ電気特性の良い構造で作られており、導体メッキもなくクセの少ないOFC銅仕様。音質もブライトで扱いやすく、また柔軟性や外皮カラーバリエーションに長けているので、アメリカのスタジオでは非常によく使われています。また日本のスタジオの多くもMOGAMIが使われています。BELDENの8412を引き回しているスタジオは、おそらく米国ではほぼ皆無でしょう。

ただし、MOGAMI以外でもBELDEN製のケーブルで更にフラット特性に長けたケーブルは多くあります。弊社で取り扱っている89418や88760や83320Eなどなど。またポータブルオーディオなどでも相当に良いケーブルが制作可能です。定番に囚われないで、新しい発見をしていき、更に良いシステムを追求するのは、とても前向きで良いと思います。あとはどれを選ぶか次第でしょう。

BELDEN 8412
e0153314_14122143.jpg


BELDEN 8770
e0153314_14122743.jpg

by wagnus. | 2010-10-01 14:05 | BELDEN音質比較 | Comments(0)

BELDENケーブルそれぞれの音質特徴比較

最近、自分でも常々思うのですが、ご好評いただきまして商品数がお陰様で増えておりますが、逆にお客様には「いったいどれを選べばいいのだろう?」という疑問を持たれるだろうなぁ・・という懸念が正直ございます。

実際、数人のお客様に「どれが良いだろうか?」というご質問をいただくこともございます。一応、商品説明欄に特徴を箇条書きにして明記しておりますが、こちらにはBELDENケーブルに限定してではございますが、下記にその特徴を判りやすく簡単に明記させていただきましたので、ご参考いただけましたら幸いです。



■BELDEN 8770
弊社のベストセラーだったBELDEN 88770の非プレナムケーブルタイプで、非常に優秀な周波数バランスと音の厚みが特徴。中低域がファットでパワフルも、中高域はしっかりと伸びつつ柔和な余裕を感じる音楽的な傾向。特に3芯ケーブルのため、完全バランスで接続できるのが最大の武器でコストパフォーマンスが物凄く高いといえるケーブル。音楽ジャンルは、POPS・ROCKなどはパワフルに、JAZZ・クラシックなどは柔和になる印象も、大体全般的に楽しめる。ハンダはオヤイデSS47がお勧め。
e0153314_2132580.jpg



■BELDEN 88760 WAGNUS.special
クセの少ないフラットレスポンスなサウンドでありつつ、中低域に特徴的な微少に張り出す傾向がある。BELDENのプレナムケーブルの高品位なSPEED感やエネルギー感があり、透明度も高く、リファレンスにも最適なケーブルの一つ。Aプランは88760の特徴を余すところなく出し、Bプランは更に能力を引き出し、立体描写性を高めた仕様。コストパフォーマンスは随一。音楽ジャンルは特に選ばないのも良いところ。
e0153314_2142092.jpg



■BELDEN 83952(終売)
その導体には、通常の銅線と異なるクロメル&アルメルが使われた特殊ケーブル。そのサウンドも独特で、中高域に熱量のある艶を持ち、非常に音楽的なサウンド傾向になる。BELDENプレナムケーブルの最高峰の1つで、唯一無二のサウンドを奏でるも、スピート感や解像度の高さは見事。マイクケーブルとして使えばコンデンサーマイクのレベルが上がったと思えるほどの高音質を発揮する。音楽ジャンルを選ぶことなく、音楽的に何でも楽しめるケーブルといえる。因みにその特徴である艶やを最高に発揮したい場合は、和光テクニカル銅入りハンダが適している。クリアでハイファイの中に艶を出すならプラチナゴールドニッカス101が最適。
e0153314_217421.jpg



■BELDEN 5320FJ
BELDENの高性能な純銅単線ケーブルをカスタマイズしたケーブルで、中域の押し出し感が非常に音楽的で、且つ圧倒的なピント描写とエネルギーバランスを有する単線とは思えないサウンドを実現しています。XLRバランスケーブルタイプでは、その素の音をしっかりと出し、RCAタイプは敢えてのWAGNUS.Specialとして「フラット」には一切拘らず、積極的なサウンドデザインを施し「音楽性」を重視。但し、バランスを崩すことでの味付けではなく、ナチュラルさをキープしつつ音楽を堪能いただける仕様となっています。単線仕様とはいえ音の硬さはな く、とてもウォーム質感とクリアさを共存させた単線にしか出来ない音質です。WAGNUS.SpecialはAは特殊配線と特徴的な中域の出方でのサウンドメイク。Bは更に芸術性に昇華したサウンド。Cは敢えてのWestern Electric全盛期サウンドを意識したサウンド。
e0153314_23262638.jpg



■BELDEN 89418
非常に優秀なフラットな周波数バランスを持ち、現代に忘れがちなしっかりとした低音も余すところなく描写する、BELDENプレナムケーブルの最高峰。解像度・SPEED感・パワー感・周波数バランスなど弱点がなく、またスタークアッド構造・4芯のため、完全バランス伝送とともに、ボディーアースにをしっかりとGND処理できるのが最大の決め手。スタジオモニターケーブルにも最適な傾向をもち、ジャンルを選ばないリファレンスケーブルとして最高の1本。ハンダはオヤイデSS47、プラチナゴールドニッカス101がお勧め。
e0153314_2184270.jpg



■BELDEN 83335E
全てのBELDENケーブルの中にあって、最高品位のミリタリースペックケーブル(銀メッキ+TFEテフロン絶縁)。圧倒的に音楽的でエレガントな描写性をもち、解像度やSPEED感も圧巻で周波数バランスも秀逸。特に中高域の美しいシルキーで美麗な描写に心を奪われる芸術的なサウンド。ジャンルはクラシックが最高に合うも、全般的になんでもOK。ハンダは断然プラチナゴールドニッカス101との相性がお勧め。
e0153314_2195265.jpg



■BELDEN 83322E
同じくミリタリースペックケーブルの中において、もっとも高額な部類の芯線の太い16AWGサイズの2芯ケーブル。非常に周波数バランスがよく、また音がファットで、ブレがない芯の濃いサウンド。特にクロックを入れたかのような、1音1音の定位の安定性は随一。それでいて、83335E程ではないがエレガントな中高域の艶を持ち合わせる、ハイエンドサウンド。音楽ジャンルは特に選ばない。ハンダはプラチナゴールドニッカス101かオヤイデSS47がお勧め。
e0153314_2205613.jpg



■BELDEN 83351E
スタークアッド構造4芯のミリタリースペックケーブルの最高峰の1本。ブライトで晴れ渡ったサウンドが特徴で、やはりこのシリーズの特徴である中高域のエレガントな描写性は健在。さらにダイナミックレンジを非常によく表現し、演奏者の生々しい表現が見て取れるのが素晴らしい。音楽ジャンルは選ばず、ハンダはプラチナゴールドニッカス101がお勧め。
e0153314_2213817.jpg





2009年10月度 出品マスター Yahoo!オークション
by wagnus. | 2009-10-09 02:22 | BELDEN音質比較 | Comments(1)
検索
カテゴリ
ブログパーツ
最新の記事
最新のコメント
> わかもとさん お問..
by wagnus. at 14:21
現在、Frosty Sh..
by わかもと at 22:01
RCAプラグでバランス接..
by さかい at 18:59
> なおさん お世話に..
by wagnus. at 10:17
配送業者はどちらなのでし..
by なお at 20:50
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧