Proffesional Audio & Cable, Vintage wire, CD Mastering, Music compose. You can order directly. プロ用ケーブルやヴィンテージワイヤー、電源機器販売、CDマスタリング、WEB音楽制作の音楽レーベルWAGNUS.のブログです。ご注文はこちらでもお受けします。wagnus@me.com
by wagnus.
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ついに発売します!新星BELDENスピーカーケーブル!!

幾度も試聴テストを行いまして、これならいける、と確信しまして
ついに発売をさせていただきます!
日本未発売のBELDENスピーカーケーブル・・

BELDEN 6200UE 16AWG NEW GENERATION

そして
BELDEN 6300UE 18AWG NEW GENERATION



現在日本で発売されております「BELDEN 9497」「BELDEN 8470 16AWG」「BELDEN 8460 18AWG」等は全て錫メッキが施され、PVCで絶縁された2本芯のツイストケーブルです。その為、やはりどうしても鈍調な錫メッキ特有のクセと、周波数帯域へのバランスの悪さ(特に高域に影響がある)、そして解像度の悪さを伴っており、正直いいましてプロ用のスタジオレベルでは使うのには困難なレベルのケーブルでした。ですが、さすがのBELDENケーブルということで、コストパフォーマンスには優れており、多くのホームオーディオでは愛用されている名ケーブルでございましたが・・やはり、弊社としては、それを上回るパフォーマンスのケーブルはないものか、と色々と模索しておりましたところ、上記のスピーカーケーブルに行き着きました。

この2つのスピーカーケーブルの特徴は、なんといっても「非メッキ純銅」というところです!

絶縁は同じくPVCですが、この非メッキということからも、前述の三品の現BELDENケーブルとは違い、解像度や周波数バランス、また音の鮮度の面で大きく差異があり、とてもパフォーマンスに優れたケーブルとなっております。

名前もニュージェネレーションケーブル、という冠がついたBELDENの新しいプレナムケーブルの規格品です。無論、アメリカBELDENからの直輸入品です。

近日発売予定となります。是非お楽しみに!


e0153314_1815969.jpg
e0153314_18152466.jpg
e0153314_18153475.jpg

by wagnus. | 2009-02-28 18:15 | BELDENスピーカーケーブル | Comments(0)

BELDEN 83335Eのご感想をいただきました

大変その高音質ぶりでご好評をいただいております
BELDEN 83335Eのご感想をこの度、お買い上げいただきました
S様よりいただきましたので、こちらに掲載をさせていただきます。

S様、有り難うございました!


------------------------------------------------------------------



本日ベルデン83335Eを受け取りました

5時間ほど聴き,最初期エージング終りましたが,いやはやすばらしいケーブルです。
正月早々にオヤイデ電気のネットショップで4N純銀テフロン被服2芯その他,贅を尽した、FTVS-910というバランス接続のデジタルケーブルにやはり4N純銀のRCAプラグをつけた特別仕様品をかなり定価より安く買いまして,非常に気に行っていたので,83335Eでも敵わないのでは,と思いつつ繋いでみましたが,とんでもございませんでした。
よく言われる「静寂感」ではオヤイデの方がもしかすると良いかも知れませんが,それ以外では83335Eの方が優れていると思います.こちらはまだ繋いだばかりですから,まだまだこれからが楽しみです。

88760でも音がよく揃って,そのあたりが魅力だったのですが,83335Eは88760のような固さがなく,非常にエレガントです.レンジももっと広いのでしょう。位相が完璧に揃っているので,音楽性が非常に豊かです。

何でしょうかこの凄さは…

あんまり書き過ぎるのもどうかと思いますので,この辺にしておきますが,取引ナビにも書きましたように、近々追加で注文させていただきます。もし,それまでに売り切れ間近のような状態になりそうでしたら,是非お知らせ下さい。

この度は貴重なケーブルをありがとうございました.





Wagnusさま

お返事ありがとうございます.ほんとに凄いケーブルです。
このケーブルを聴くと,「解像度」の意味について考えさせられました.いくら細かい音がくっきりとエッジを伴って聞こえても,位相の揃いが十分でないと,どこか違和感が残る,ということです。

感想載せていただいて結構です.参考までに機材は
スピーカー:Sonus Faber, Grand Piano Home
プレーヤー:Esoteric, DV-60
アンプ:Sharp, SM-SX10SEII
 (福岡のオーディオショップ吉田苑によるクロック載せかえと
 ワイヤリングのモディファイモデルです)
外部クロック:Ortho Spectrum, ABS-7777
電源:First Cry, Aray

です。

このアンプは値段のわりに化け物として有名でしたが,そのせいか2年ほどで製造終了,シャープもオーディオから撤退しちゃってます.このプレーヤーとの組み合わせだと,CDなら,アナログ接続,デジタル接続,i-link 接続が可能です.i- link が一番音が良いと言われてますが,吉田苑改造版だと,アナログ接続もケーブル次第でどんどん音が良くなって,ケーブルに選択肢のないi-linkよりいろいろ楽しめるわけです。

では,失礼いたします。


e0153314_252215.jpg

by wagnus. | 2009-02-20 02:52 | お客様レビュー | Comments(0)

BELDEN 83652 68cmペア 1セット(ラスト)あります(完売済み)

既に終売しました、BELDEN 83652の残り分で
68cm1ペア分のケーブルがございましたので
ご希望の方に、こちらで制作を行わせていただきますので
お問い合わせくださいませ。

RCAケーブル、XLRケーブル、どちらでも可能です。

お値段はRCAタイプが4500円、XLRタイプが4700円。

先着での販売とさせていただきますのでお早めにどうぞ。
もし売れ残りましたら、オークションにて出品させていただきます。

wagnus@me.com

宜しくお願いいたします。

e0153314_1194717.jpg
e0153314_1195822.jpg

by wagnus. | 2009-02-11 11:10 | ブログ限定販売 | Comments(0)

終売のお知らせ

今まで多くのお客様にご愛用いただきました
「60's ドイツ VEB KABELWERK SP CABLE」

「BELDEN 83652 ダブルシールディングケーブル」
が、この度お陰様で終売とさせていただくこととなりました。

両方とも多くのお客様の元で活躍してくれた素晴らしいケーブルでございました。特にVEBケーブルは、超レア品でまた音も最高に素晴らしいケーブルでしたので、今後のご提供ができなくなるのは寂しい限りでございます。

e0153314_2340123.jpg


ですが、実はこのVEBケーブルの黒被膜ケーブルだけは、まだ一巻ございますので、そちらは単品で販売を今後予定しております。色分けができませんので、SPケーブルとしての販売はいたしませんが、SPケーブルとしてもお使いいただけます。音は最高ですので。


BELDEN 83652ダブルシールディングケーブルも、かなり良いケーブルですが、やはり人気のため、また中々手に入らないケーブルでありますので、今後の入荷の予定は今のところございません。

e0153314_23413569.jpg
e0153314_23415028.jpg




その代わりに、近々にBELDENの日本新発売のSPケーブルを、そしてBELDENの新
シリーズの発売を予定してございます!どちらも、自信の逸品でございますので、是非お楽しみに!

by wagnus. | 2009-02-05 23:43 | WAGNUS.全般 | Comments(0)

1968年製 THERMATICS inc. ヴィンテージ軍用ケーブル仕様 RCAご購入のお客様レビュー

こちらのブログ限定販売とさせていただいております、「1968年 THERMATICS inc. ヴィンテージ軍用仕様 RCAケーブル」と、また電源ケーブル「WAG-CAB1」を、ご一緒にご購入いただきましたお客様より頂戴いたしましたので、こちらに掲載をさせていただきます。

N様、誠にありがとうございました。

------------------------------------------------------------------


電源ケーブルとTHERMATICSのRCAケーブルの音も落着いてきましたの
で感想書きます。

電源ケーブル:
 音がとても安定して出ますね。懸念していたようなことは無く
 (クリア⇒クール、線が細い、金属的。パワフル⇒音が前に出
  る。低域が堅い。)、実際の音以上に強調されることが無く、
  あくまでも原音に近づいていくのは信頼できます。
 ハイスピードなケーブルにありがちな立ち上がりだけは見事でも
 その後の音が一辺倒でなく、ピアノの音が減衰しながら音色が変
 化していく様をみごとにトレースできているのに関心しま
 した。ピアノ線が震えている場面が浮かんできました。

THERMATICSのRCAケーブル:
 低域の解像度が高く、しかもフッと軽く出てきます。求めていた
 音が出てしまっています。低域の再現が安定していて、ホール
 の響きの違いがよくわかります。音が団子になりませんね。
 声もノーブルでオーディオっぽくなく惹かれます。

 88770はブログに書かれているほど冷たいという印象は無いです
 が、正確に音を出す方向に比べて、このケーブルは空気感も一緒
 に運んでくる印象です。

こういったケーブルを聴いていると、一旦は正確な音を求めていっ
たものの、より音楽的な音を求めていきたくなる気持ちが分ります
。安心して探すことができるブランドがWAGNUSかなあと思います。
最近ブログに書かれていたBAUERのケーブルのようなビンテージ
の持つ音楽的な説得力があり、かつ基本的なポイントを押さえてい
るケーブルを今後も紹介ください。

 

by wagnus. | 2009-02-05 23:29 | お客様レビュー | Comments(0)

【追記】BAUER/SIEMENS RCAケーブルのご感想

その後、I様より数回にわたり、BAUERケーブルの追記をいただきましたので
こちらに掲載をさせていただきました。
(ご購入いただきました3セット目のXLR加工タイプでのご感想でございます)


ハイファイなだけじゃなく、かつナロウレンジで懐かしいだけではなく・・
「音楽的」な意味でのリアルさを、醸し出してくれるBAUERケーブルを
お気に入りいただけたことは、本当に嬉しい限りでございました。

I様、有り難うございました。


------------------------------------------------------------------



WAGNUS.さま

50’sドイツ BAUER/SIEMENS XLRカスタム(贅沢仕様)届きました!カーボン色にワグナスのロゴと外観もかなりいい感じですが、驚くべきことに、RCAバージョンの全域にわたる彫りの深さ、XLRバージョンの左右上下にわたる広大な音場空間の両方を併せ持っています(^^)。

もしかしたら、前回依頼のXLRが少し穏やかに感じたのは、システムの接続位置の関係だったかもしれませんが…(^^;)

いずれにしても、WAGNUSの3つのケーブル(6本)は奏でる芸術品かつ最愛の伴侶で、今夜も生々しいクライバーのタクトやコトルバスの美声(オペラ椿姫)が、頭の芯にまで浸透し、感動を体全体で受けとめています(涙ちょちょ切れ)〜

ヴィンテージはハイエンドの対局に位置するものではなく、足りないもの(心に響く音)を補ってくれるものだと、あらためて感じております!

とても大切なことを、気づかせていただいたWAGNUS.さまに、またまた感謝!ドイツの栄華英知に乾杯!

また今回とは違った装いのヴィンテージにも、興味しんしんになって来ましたので、近々またよろしくお願いします(^^)v




WAGNUS.さま

50’sドイツ BAUER/SIEMENS (WAGNUS)ですが、CD→プリアンプを任せると、最もシステムの音色の支配を高めてくれることがわかりました!

ただし、結局のところCD→プリのXLRと プリ→パワーも同XLR、加えて プリ→ヘッドフォンアンプも同RCAと 鉄壁のWAGNUSドイツトリオになっています(笑)〜CD再生における空き?!の端子はCD→プリの副端子(RCA用)のみ

驚いたことにエージングにより超低域が安定し、ヨーロッパの古いホール(体験は少ないですが…)でしか聴いたことのない 『重みが浮かび、軽みが沈む』 を感じることが出来ます!


------------------------------------------------------------------


by wagnus. | 2009-02-05 23:15 | お客様レビュー | Comments(0)
検索
カテゴリ
ブログパーツ
最新の記事
最新のコメント
> わかもとさん お問..
by wagnus. at 14:21
現在、Frosty Sh..
by わかもと at 22:01
RCAプラグでバランス接..
by さかい at 18:59
> なおさん お世話に..
by wagnus. at 10:17
配送業者はどちらなのでし..
by なお at 20:50
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧