Proffesional Audio & Cable, Vintage wire, CD Mastering, Music compose. You can order directly. プロ用ケーブルやヴィンテージワイヤー、電源機器販売、CDマスタリング、WEB音楽制作の音楽レーベルWAGNUS.のブログです。ご注文はこちらでもお受けします。wagnus@me.com
by wagnus.
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

デモケーブルリスト(お貸出できるものリスト)

Twitter / HaRu_WAGNUS

日頃よりお世話になっております。

以下お貸出可能なデモケーブルのリストを纏めさせていただきましたので
御希望ございましたら、メールにて御連絡くださいませ。

尚、基本的には、コンシューマオーディオ用と、プロオーディオ用で分類されておりますが、「個人様」と「スタジオや店舗などの法人様」とで、お貸出できるものが変わります。

また個人様にお貸出するものは、基本的にご購入をご検討を前提とした25000円以上の商品に限ります。


またお貸出の条件として以下ご了承のほどをお願い申し上げます。


※FAXもしくはメールなどでご本人確認の取れます証明書の提示をお願いします。
※デモの際、商品の御感想を頂戴いただければと存じます。
※デモ期間は1週間以内返却を原則とし、送料はお客様のご負担となります(配送時は着払いにて)。


■お貸出に際しまして
1:お名前:
2:ご住所(郵便番号含む):
3:お電話番号:
4:御用途(スタジオorホームオーディオ):
4:配送日・時間のご指定(無しも可)メール便は指定不可:
をご明記くださいませ。

以上、上記ご明記いただき、以下アドレスまで御連絡くださいませ。

wagnus@me.com


諸々お手間をお掛けする条件となり申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。



それでは、以下デモケーブルのリストでございます。


※表記の目安は以下の通りです。

★=全ての方にお貸出可能
●=法人様のみ
◆=個人様のみ



■デモ貸し出し可能な「アナログケーブル」リスト(XLRバランス、RCAアンバランス)

・BELDEN 89418 XLR(●)
非常に優秀なフラットな周波数バランスを持ち、現代に忘れがちなしっかりとした低音も余すところなく描写する、BELDENプレナムケーブルの最高峰。解像度・SPEED感・パワー感・周波数バランスなど弱点がなく、またスタークアッド構造・4芯のため、完全バランス伝送とともに、ボディーアースにをしっかりとGND処理できるのが最大の決め手。スタジオモニターケーブルにも最適な傾向をもち、ジャンルを選ばないリファレンスケーブルとして最高の1本。
http://bit.ly/e0kZHV
e0153314_1375574.jpg



・BELDEN 83351E XLR(●)
世界最高性能のケーブルの1本といえるほどの性能を誇るケーブル。ブライトで晴れ渡った超ワイドサウンドが特徴で、やはりこのシリーズの特徴である中高域のエレガントな描写性は健在。さらにダイナミックレンジを非常によく表現し、演奏者の生々しい表現が見て取れるのが素晴らしい。それでいて芯の太さも健在。スタジオ用のカスタムでは圧倒的なワイドレンジと透き通るような解像度とクセのないナチュラルバランスが秀逸といえます。ワイヤリングケーブル、マスタリング用ケーブルなどにお薦め。
http://bit.ly/haAVQI
e0153314_0485160.jpg



・BELDEN 83352E XLR(●)
このケーブルこそが、BELDENの数千とあるケーブルの中の頂点に立つケーブルです。キングオブキング。ミリタリースペックの最高峰である16AWGの4芯。最高に音楽的かつ超絶なピント感、そしてパワー感。艶。スタジオ用マスタリングケーブル、コンシューマオーディオ用ケーブルとしても最高位といえます。
http://wagnus.exblog.jp/13760207
e0153314_142146100.jpg



・BELDEN 83704 XLR(●)
現在正式には未発売ながら、BELDENの88760系統ファイヤーアラームケーブルの最高位ケーブルで、4芯 錫メッキ線 アルミテープ×メッシュシールド (2重シールド!)テフロン絶縁 深紅テフロン被膜仕様。一言でいえば、83352Eとは別の方向性ながらも「最強」。音の分離感、パワー感、バランスの良さ、スピード感、どれをとっても弱点がなく、非常に素晴らしいサウンドです。某有名エンジニアのマスタリングスタジオにも導入させていただいた品で、オーディオでもスタジオでも万能に活躍できます。ワイヤリングにも最適です。
※写真およびリンクはございません


・Milly Beamz Out XLR(●)
最高性能のUSBケーブルと同素材を使った音声ケーブルカスタム。テフロンの中において頂点ともいえるPTFEテフロン仕様のミリタリーケーブル。BELDENにおいてもTFE絶縁(テフロンの中では3番目)ですので、このケーブルは驚異的なスペックといえます。そのサウンドは桁ハズレの透明感と中高域の立体描写性が半端じゃありません。解像度もパーフェクトといえるケーブルです。非常にクリアで繊細且つワイドレンジさを求めるマイクケーブルの制作や、ラインケーブルとしてお薦めです。
http://wagnus.exblog.jp/i25
※写真はございません


・70s NEUMANN Bluegrey kabel 18GA 2芯 非メッキ 錫メッキシールド XLR(●)
70年代のドイツの放送機器メーカーの最高峰NEUMANNのマイク、ラインケーブルです。2芯のためバランスケーブルの製作も可能。また多めに仕入れることができましたので、お値段もできる限り抑えることができそうです。(といっても超レアケーブルですので、そこそこです)サウンドはウォームでバランスが良いながらも、ドイツらしい中低域にコシのある見事なジャーマンサウンド。ハンダの選定においても、最高のヨーロッパ系ヴィンテージハンダをご用意しております。
http://wagnus.exblog.jp/10719809
e0153314_1444343.jpg




・40s LEONI RCA(◆)
戦前から戦後のドイツヴィンテージオーディオ&シネマ界の皇帝と謳われた「KLANGFILM(SIEMENS)」の数種ある指定ケーブルの中でも、最も信頼が厚く、現代でもヨーロッパのBELDEN社と云われるほどの高品質且つ、多岐用途に渡るケーブル道一筋を貫く、創業100年以上の老舗、LEONI社の1940年代の超ヴィンテージコバルトグリーン皮膜SPケーブルのカスタムケーブル。非常に優美で芳醇かつファットな当時のサウンドを凝縮。「涙が出るくらい深くて清らかな音、そしてもっともアナログ的」と言われるサウンド。
http://bit.ly/gwcdtg
e0153314_1140040.jpg



・60'sドイツ【NEUMANN】☆BLUEGREY RCA(◆)
キングオブブランド「NEUMANN」の60年代の青灰皮膜+錫メッキシールド+内芯純銅撚線(14AG)仕様のマイク用ケーブル・デッドストックのRCAカスタムケーブル。バランスの良さとドイツらしいコシの強いサウンドが特徴の高性能ケーブル。
http://bit.ly/g3BBM0
e0153314_1346241.jpg



・ESCRITURA(◆)
究極のアルゼンチンヴィンテージサウンドを確立したハンドメイドな逸品。使用する部材全てが1920〜30年代のアルゼンチンワイヤーを使いブレンドしております。構成は、圧倒的なポテンシャルを誇り大変人気をいただいておりますアルゼンチンワイヤーの「ALAMBRICA」と、高域特性が恐ろしく美麗な音を奏でるRAYON絶縁が珍しい輝くアルゼンチンワイヤー「ALAMBRE DE COBRE ESMALTADO」(未発売も一部で人気をいただいております)、そしてまだ誰も見ぬ超高バランスワイヤー「ROSA DE SEDA ALAMBRE AISLADO」をHOTにブレンドし、太めのブラウンエナメルアルゼンチンワイヤー「PIRELLI ALAMBRE ESMALTADO」を使用するという、究極のアルゼンチンヴィンテージワイヤー仕様RCAケーブルです。
http://bit.ly/hSUrvT
e0153314_13472227.jpg



・Sieve Sheep(★)
弊社の最高傑作といえる「Sieve Sheep」です。こちらはXLRケーブル、RCAケーブル両方のご用意がありますが、どちらも同じサウンドとしてお聴きいただくことができ、このサウンドをお聴きになった方々は皆一様に「ナチュラルで音楽的でリアリティさが半端じゃない。そして解像度も最高で圧巻」という御感想をいただきます。正直お値段も高額ではありますが、ケーブルというよりは機材といった観点の圧巻のサウンドをお楽しみいただける品です。
http://wagnus.exblog.jp/14001691/
e0153314_12272930.jpg

e0153314_12274878.jpg






■デモ貸し出し可能な「デジタルケーブル」リスト(XLRバランス、RCAアンバランス)

・*eRuby Pro* SPDIF type A(★)
・*eRuby Pro* SPDIF type B(◆)
・*eRuby Pro* BNC
(★)
究極の世界最高設計75Ωデジタルケーブル。ルビジウムマスタークロック専用設計を施した、弊社オリジナルケーブル。性能面において、肩を並べるものなしの究極の一振り。
http://wagnus.exblog.jp/12802318
http://wagnus.exblog.jp/12786678/
e0153314_15314823.jpg
e0153314_1532271.jpg

e0153314_17571853.jpg



・Milky Beamz Out USB cable(★)
電送安定」「静電容量」「導体抵抗」「比誘電率」「外部ノイズ対策」「構造ジオメトリー」という基礎理念を理詰めで完全に「ベスト!」と言える、USBケーブル。PCオーディオ、オーディオインターフェイスなどに最高の性能を伝え、且つ音質も圧巻となります。これぞロス無し伝送の極み。同ケーブルは宮地商会でも販売中。
http://wagnus.exblog.jp/i25/
e0153314_1329330.jpg




■デモ貸し出し可能な「電源機器」リスト(XLRバランス、RCAアンバランス)


・WAG-CAB2(●)
非常にフラットバランス且つパワー感が満載で解像度の高い高性能な電源コードで、パワードモニター周りやギターアンプ、オーディオアンプとなんでもござれの秀逸な逸品です。構成としては、3.5スケアの電源コードで、端末は全て真鍮の非メッキ構造です。音質傾向はWAG-SP2と同様となりますので、そちらを御参考いただければ幸いです。正直、世界1コストパフォーマンスに秀でた電源コードといえます。
http://wagnus.exblog.jp/13881698


・WAGNUS.custom made 電源コード-WAG-CAX-(★)
弊社で考え得る、最高の部材と最高の構成で制作する究極の電源コードです。機器の能力を100%・・・以上、120%引き出しつつ、そして尚かつ「音楽的」な最高レベルの電源コードを目標に作られた逸品で、オーディオ業界に存在するような電気伝送をロスさせて音作りするものとは一線を画す、ロスを究極に無くし、且つエナジーを与えるオカルト無しの構成の電源コードです。当然、所謂「非メッキ真鍮」の電源コードよりも電気的な伝導性は優れ、且つパワー感も最高といます。現在多くのスタジオで導入されつつある代物ですが、部材が非常にレアなものを使いますので、限定販売になるおそれ有り。尚、宮地商会のAVALONキャンペーンにて使われたのは、これと同系統のWAG-CAX-Sというケーブルです。WAG-CAX自体は既に制作が超困難ですが、音質的にはほぼ同等。
http://wagnus.exblog.jp/12265594/
e0153314_16152957.jpg








現在のところは以上となりますが、他にデモのご用命ございましたら、お気軽に御連絡くださいませ。


Twitter Button from twitbuttons.com
by wagnus. | 2011-02-10 14:23 | デモケーブルリスト | Comments(0)

デモケーブルリストを制作いたします

Twitter / HaRu_WAGNUS

いつもご覧いただきまして誠にありがとうございます。最近、少々更新が滞っており申し訳ございません。まだまだ忙しく、なかなかと更新できずにおりました。

一つニュースを。

近々、デモケーブルをいくつか制作しました為、そちらのお貸出できるもののリストを掲載しようかと思っております。

基本的には、コンシューマオーディオ用と、プロオーディオ用で分けますが、個人様とスタジオ法人様とでお貸出できるものが変わる予定です。

また個人様にお貸出するものは、基本的に25000円以上の商品に限ります。またデモの際、御感想を頂戴させていただく条件とさせていただくかと存じます。

また近々、リストを作り掲載させていただきますので、宜しくどうぞお願い申し上げます。


WAGNUS.





Twitter Button from twitbuttons.com
by wagnus. | 2011-02-03 14:03 | Comments(0)
検索
カテゴリ
ブログパーツ
最新の記事
最新のコメント
↑理論先行のアホが証とか..
by ひろきみ at 22:23
> わかもとさん お問..
by wagnus. at 14:21
現在、Frosty Sh..
by わかもと at 22:01
RCAプラグでバランス接..
by さかい at 18:59
> なおさん お世話に..
by wagnus. at 10:17
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧