Proffesional Audio & Cable, Vintage wire, CD Mastering, Music compose. You can order directly. プロ用ケーブルやヴィンテージワイヤー、電源機器販売、CDマスタリング、WEB音楽制作の音楽レーベルWAGNUS.のブログです。ご注文はこちらでもお受けします。wagnus@me.com
by wagnus.
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最強スピーカーケーブルMIL-SPCシリーズをYahoo!オークションにて全品出品完了しました!

Twitter / HaRu_WAGNUS


先日ブログで特集記事を掲載させていただき、大変多くのご好評をいただきました「MIL-SPCシリーズ」を正式にYahoo!オークションへ出品させていただくことに致しました。

その第1弾-第6弾がこちらです。

MIL-SPC
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r80218041

MIL-SPC-VB
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b123074282

MIL-SPC-BW
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e116891453

MIL-SPC-WV
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d119222110

MIL-SPC-BB
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d119398786

MIL-SPC-BW-L
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r80631915


上記6商品出品完了です!
それぞれ、イメージにあったキャッチコピーもつけてみましたので
よろしければチェックしてみてくだださいね!

どれも良質なスピーカーケーブルですので、お勧めです。

また、このシリーズは実は「ギターアンプのスピーカーケーブル」としても非常に性能が良くお薦めです。御希望ございましたら、プラグをつけてのカスタムオーダーメイドにも応じさせていただきます。他、オーダーメイドでのRCAケーブル制作にもご対応致します。ケーブル代金+制作手数料3500円+プラグ部材(選択可)費用で承ります。



e0153314_11203468.jpg


e0153314_23422628.jpg


e0153314_12362984.jpg


e0153314_1262398.jpg


e0153314_1092475.jpg


e0153314_19372076.jpg


そうそう、この出品の為に、写真も全て撮り直してみました。
一眼で撮影してみたので、以前掲載していた写真よりはマシになっているかな・・と。笑





併せてご覧ください。

最強のスピーカーケーブルとは何か? その答え「MIL-SPCシリーズ」について。その1
http://wagnus.exblog.jp/14996934/

最強のスピーカーケーブルとは何か? その答え「MIL-SPCシリーズ」について。その2-1
http://wagnus.exblog.jp/15014990/

最強のスピーカーケーブルとは何か? その答え「MIL-SPCシリーズ」について。その2-2

http://wagnus.exblog.jp/15015060/
by wagnus. | 2011-07-22 11:42 | スピーカーケーブル | Comments(0)

Studio Cubic(鈴木daichi秀行氏所有)にてマイクとマイクケーブル試聴USTREAMを行ってきました

Twitter / HaRu_WAGNUS


暑い日が続いていますね。今日も都内は35℃くらいで、既に夏本番という感じです。皆様も夏ばてや熱中症には是非お気をつけてくださいね。そして、できるだけ体力のつくものを食べましょう!


さて、今日はかねてよりtwitterにて、マイクとマイクケーブルの試聴会をしようというお話をプロの音楽制作現場の方々としていたのですが、ついに本日殆ど行き当たりばったりなスターティングとはなりましたが、慣行してまいりました!


今回の発起人は作詞作曲編曲ギタリストピアニストアコーディンプレイヤーの渡邉美佳さん。試聴会を行うことになったスタジオオーナーで著名な作編曲家の鈴木daichi秀行さんや、敏腕エンジニアの木村正和さん、唄を歌っていただいた素晴らしい歌手の加藤哉子(かなこ)さん、マイクを持ち込んでくださったToneflakeの佐藤俊雄さんや僕を仕切っていただき、この会が無事行われることになりました(感謝です!)


その時の様子はUSTREAMで生中継配信を鈴木さんが行っていただきましたが、内容は非常に有意義なものとなりました。


正直、マイクの音の違いはUSTREAMというmp3圧縮音声配信システムであっても、判りやすいだろうとは思っていたのですが、果たしてケーブルの違いが分かるかな〜と心配していました。無論、ケーブルでの違いは当然ケーブル屋としては自信はあるのですが、テストに使ったケーブルはそれぞれ、どれもハイレベルなものを用意したので、そのハイレベルの中での差異が高域が削れるMP3配信でどこまで判るのかなぁ?と心配していましたが・・・





結果的に、それは杞憂でした。




それが、思っていた以上に配信を見ていてくださった皆さんも、マイクならびにマイクケーブルの音質差を聞き取ることが出来たご様子で、非常にこのテストは大好評をいただきました。なんと早速、「第二回をやってほしい!」というリクエストをいただくほど(笑)


尚、今回のテストで唄われた楽曲は、作・編曲家の中野雅仁さんが立ち上げられた「希望の種プロジェクト」の為に作られたチャリティーソングです。たくさんの方々が、東北の為にこの歌を唄ってくださっています。(詳細は下記URLよりどうぞ)

http://seedofhope.exblog.jp/



ということで、とても有意義で楽しい時間を過ごさせていただきました。また次回も色々なケーブルを用意してみたいと思います。


因みに今回持ち込んで試聴で活用させていただいたケーブルは以下の通りです。(配信時の順番)

1:Storm Cable
まだ未発売で(株)宮地商会の為に用意している高性能・高バランスケーブル。

2:Belden 83351E
ご存じ軍需用最高峰BELDENケーブル。4芯18AWG構造。

3:Sieve Sheep
WAGNUS.のフラッグシップケーブルで、アナログ機材のような性質で作ったケーブル。

4:Belden 83352E
BELDEN 83351Eの上位版で全てのBELDENケーブルの頂点。4芯16AWG構造。




実は他にも3点ほど良いケーブルを持ち込んでいましたが、時間の関係で割愛しました。また次回以降、再度もって来れたらと思います。


そしてそして、今回のUSTREAM配信の様子は鈴木daichi秀行さんのチャンネルよりアーカイブ(ビデオ録画形式)でご覧いただけます。よろしければ是非。


その1
http://www.ustream.tv/recorded/15964504

その2
http://www.ustream.tv/recorded/15965164



以上ご報告でした。
by wagnus. | 2011-07-13 23:57 | Tone Flake / WAGNUS. | Comments(0)

M.I.D. Summer Quarter Promotion 期間限定! 主要ハードウェア製品に驚きのバリュー・バンドル

Twitter / HaRu_WAGNUS

先週から着々と準備を進めて参りまして、遂に今年初旬に大変人気を博した、あのキャンペーンが拡大されて、再度行われます!弊社製造ケーブルがバンドルオプションとして各メジャー楽器に付属されます。どれも最高レベルの品が付属されます。お見逃し無く!

因みにラストの文面に「PCオーディオ」でもお薦めできる組み合わせも書いておりますので、是非ご一読を。


e0153314_1533881.jpg



宮地商会ことM.I.D. - Miyaji Import Division(宮地楽器)との提携でToneflake / WAGNUS.として、かのスタジオ最高峰機材として名高いAVALON社の機器や、デジタルハード機器として世界的権威を誇るLAVRY社のハイエンド機材、また現在注目の新鋭米国メーカーSlate Pro Audio、そしてかのTELEFUNKEN Elektroakustik社の高性能マイク専用に、設計カスタムした特別ケーブル類を弊社より提供させていただき、7/7より9/30までの夏期限定「M.I.D. Summer Quarter Promotion 期間限定! 主要ハードウェア製品に驚きのバリュー・バンドル」としてスタートしていただくことになりました。この機会に是非お求めくださいませ。


http://www.miyaji.co.jp/MID/




提供させていただくケーブルは以下の通りです。


【A】◆WAG-CAB5 <150cm>
・非メッキ真鍮製のプラグ構成でクセの少ない構造
・電気伝送性に優れた高性能構造
・元来は原子力発電所などで使われるタイプのケーブル仕様
・音響機器の能力をクセなく引き出す仕様
・パワフルで高解像度で全帯域での定位描写性に優れる
・メッシュ加工の特別限定仕様
・各ハードの性能をいかんなく発揮できる仕様で製作。

非メッキ真鍮部材でコネクトした構成で、クリア且つパワー感が溢れる解像度の高い、プロフェッショナル・オーディオ機器に最適な高性能電源コード。<150cm>
→Avalon U5, M5、Slate Pro Audio DRAGON、TTELEFUNKEN Elektroakustikのマイク複数にバンドル!





【B】◆WAG-CAX-S <150cm>
・電気伝導性において最強の銀メッキ純銅プラグ+IECプラグ構成でクセの少ない構造
・音響機器の能力を「完全」に引き出す仕様
・パワフルかつ高解像度で全帯域での定位描写性に優れる
・更に中域のパワー感もあり音楽性にも優れる
・銀素材による最強のワイドレンジ
・一般的に言われる銀素材特有の「クセ」を排除
(※意味合いとしては所謂”銀臭い”ということはないよ、という意味です)
・柔軟性のあるケーブル素材

考え得る最高の精度を追求し、ハイエンド・レコーディング機器の為に開発されました。フラットバランスかつ超高解像度で音楽的なアウトプットを約束する最高品質電源コード。<150cm>
→Avalon VT737SP, VT747SP, AD2022, AD2044, AD2055, AD2077、LAVRY AD122-mkⅢ、BLUE 4496シリーズ、TELEFUNKEN Elektroakustik ELA M251/251E/M250/250E、U-47/U48、C-12にバンドル!

e0153314_138185.jpg




【C】◆AVALON B2T Interface Cable <300cm>
・最高レベルの電気伝導性を誇るケーブル構造
・18AWGサイズの太い線材によりしっかりとした電源を伝送
・銀メッキ純銅導体+TFEテフロン絶縁+銀メッキシールド+TFEテフロン外皮
・超レアな軍需用ケーブルを採用
・非常に頑丈な造り
・高解像度、ワイドレンジ、中域のパワー感アップ
・AVALON ADシリーズの高品位サウンドを底上げすべく専用に開発

Avalon Design ADシリーズ、M5で使用するAVALON機器専用インターフェイス・ケーブル。本体と電源モジュールB2Tを接続します。ロスのない安定した電源伝送のために一切の妥協を排除した設計で、AVALON DESIGN製品本来のクオリティを十二分に引き出します。銀メッキ純銅導体+TFEテフロン絶縁+銀メッキシールド+TFEテフロン外皮というハイエンド仕様の米国BELDEN MIL-SPEC(軍需用)83336Eケーブルを線材に選定しました。
→Avalon M5, AD2022, AD2044, AD2055, AD2077にバンドル!(B2T付属の全モデルにバンドルされます)

e0153314_139163.jpg




【F】◆Toneflake | WAGNUS. Milky Beamz Out USB cable 1.0m(市価¥12,600)
・既にToneflake / WAGNUS.ブランドで大好評を博している最高峰USBケーブル
・最高レベルの電気伝導性を誇るケーブル構造
・20AWGサイズの太い線材によりしっかりとした電源を伝送
・銀メッキ純銅導体+PTFEテフロン絶縁+銀メッキシールド+PTFEテフロン外皮
・非常に頑丈な造り
・高解像度、超ワイドレンジ、高域の圧巻の伸び、中域の高解像度、懐の深い低音


USB機器全般に最適化した最高精度のUSBケーブル。LAVRY AD11/DA11との組合せでは、広いレンジ感と伸びやかなハイエンドを演出します。<100cm>

e0153314_15554712.jpg



他、キャンペーンの詳細はこちらよりどうぞ。

http://www.miyaji.co.jp/MID/event/index.php




個人的には、最後に記載されたLAVRY DA11とMILKY BEAMZ OUT USB CABLEとのバンドルは凄くお薦めです。スタジオに限らず、PCオーディオにもこの組み合わせは凄い活躍すると思います!この価格で、スタジオハイエンドクラスに迫る高音質を、インターフェイスと接続して得ることができます。因みに、このキャンペーンにはバンドルされていませんが、おそらく御希望ございましたら実費でキャンペーンでバンドルされている電源コードなども併せてご注文できると思います。(ご連絡されてみてください)


というわけで、弊社ではこのキャンペーンに向けても、全力で制作を頑張りたいと思いますので宜しくお願い致します。無論、通常業務も変わらず気合い入れてまいります!
by wagnus. | 2011-07-07 16:03 | Tone Flake / WAGNUS. | Comments(0)

石垣美里(@Mie_WAGNUS)的 最強のスピーカーケーブルMIL-SPCシリーズレビューの巻

Twitter / HaRu_WAGNUS



こんにちは、WAGNUS.メンバーの石垣美里(twitter ID @Mie_flav)です。

今日は、スピーカーケーブル「MIL-SPCシリーズ」について、前回、前々回のブログに続きその3として私の視聴した感想をライトにお伝えしたいと思います。

気になっている方、これからご購入を検討されている方の参考になれたらと思います♪

まず聴いてみて感じたことは、全ての「MIL-SPC」ラインナップが、非常にバランスが良いです。それぞれに個性はあるものの、全部モニターケーブルとしておすすめできるくらいグレードの高さを感じます。良質なケーブル特有の、音がしっかりと鳴って、響いている感じ。その上にさらに乗ってくる、それぞれの個性を紹介をしていきます。


MIL-SPC
中高域の抜けがよく、ボワつき感がゼロ。モニター向きのさわやかなサウンドです。とにかくコストパフォーマンスが良いので、お試しになりたいと思っている方はまずこのケーブルで「MIL-SPC」シリーズのクオリティの高さを知っていただけたらと思います。

MIL-SPC-BW
レンジがとても広く、ピント感は抜群、一音が一音がクリアにはっきりと聴こえる、まさにキングオブモニターサウンドです。スピード感もあって、音の形や質感をそのまま出力してくれる印象。精密な作業を行う制作環境には一番おすすめのケーブルです。

MIL-SPC-VB
こちらはMIL-SPC-WVのサウンドが、誰にでも好かれるようなバランスになったイメージ。音をはっきりと鮮明に描写しながらも、一緒に耳に入ってくるグルーヴィーな低域がちょうどよく心地いいです。MIL-SPC-WVが通好みなら、こちらは万人受けするタイプの音という印象です。

MIL-SPC-WV
中低域のブンブン感が心にきます。レンジが広く開放感があるものの、下からわき上がる圧が感じられるのでビートもしっかりと伝わってきます。オーディオ鑑賞にご使用いただいても十二分に楽しめます。マドンナとかのダンス系ミュージックが好きな方にもおすすめかも。個人的に好きなサウンドです。

MIL-SPC-BB
聴いている曲の音と音のなじみが良く聴こえ、音楽の中にある揺らぎや迫力を余すことなく伝えてくれます。中域に特徴がありエネルギッシュなサウンド。音楽的でありながら見渡しも良いので、モニターでも大活躍してくれそう。

MIL-SPC-BW-L
とてもクリアな音ですが、少し音に丸みがあるので聴きやすいです。特に中域~中高域にかけての抜けがよく、音が塊になって耳に飛び込んでくるような迫力があります。聴き疲れしづらいサウンドなので、長期戦のモニタリングでも力を発揮してくれそう。

MIL-SPC-S
シリーズの中で最も音楽的な印象です。音一粒が丸みのある優しい音ですが、バランスがよく定位もしっかりと描き出します。音一粒一粒がしっかりと詰まっている印象で、パワーがありながらなめらかで贅沢な質感、さらに絶妙なバランスを兼ね備えた天才肌のケーブルです。



聴いたままの音を自分なりの言葉でご紹介しました。
どれも素晴らしいケーブルですので、是非1度はお試しいただけたらと思います!

個人的に強く推したいのは、MIL-SPC-SとMIL-SPC-VBですね。
音楽的&迫力有りが大好きなので。(笑)

服を選ぶような感覚で、ご自分の環境に似合う1本を見つけていただけたら幸いです♪
以上、石垣でした~。
by wagnus. | 2011-07-02 13:55 | スピーカーケーブル | Comments(0)
検索
カテゴリ
ブログパーツ
最新の記事
最新のコメント
> わかもとさん お問..
by wagnus. at 14:21
現在、Frosty Sh..
by わかもと at 22:01
RCAプラグでバランス接..
by さかい at 18:59
> なおさん お世話に..
by wagnus. at 10:17
配送業者はどちらなのでし..
by なお at 20:50
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧