Proffesional Audio & Cable, Vintage wire, CD Mastering, Music compose. You can order directly. プロ用ケーブルやヴィンテージワイヤー、電源機器販売、CDマスタリング、WEB音楽制作の音楽レーベルWAGNUS.のブログです。ネットショップからご注文いただけます。 https://www.wagnus.jp
by wagnus.
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

WAGNUS.スタッフ大石によるStrandbergMeeting2013の雑感

WAGNUS.スタッフの大石です。
先日の11/26に開催されましたStrandberg Meeting2013というguitarの試奏説明会に参加させていただきました。本日はそのレポート記事となります。



About .Strandberg*

先ずは.Strandberg*について・・
 Strandberg*はスウェーデンに工房を構えるギターブランドです。
七年前に.Strandberg*のMaster Luthier(ギター製作職人)であるOla Strandbergさんが立ち上げギターブランドです。.Strandberg*の特筆すべき点はErgonomics、人間工学に基づいたギターという点です。可能な限り人間への自然な環境を配慮したギターというコンセプトのギターです。


そのGuitarに詰まっている要素を少し説明させて戴きます。

Headless Guitar
 一般的なギターと違い.Strandberg*ギターのweightはとても軽く、3kgに満たない軽量なボディは凄く特徴的です。人間工学の観点から肩への負担を減らすために重量を軽くするヘッドレスを採用しています。ヘッドレスにすることにより全体のバランス、重心をより安定させることに成功しています。またヘッドレスのためボディをより軽く、また多様な軽い材を使うことが出来るという面も作用して、バランスとweightの軽さの両立を実現しています。
チャンバー構造や独自パーツによるレスポンス、サスティンの加減。更にカーボンファイバーをネックに使うことでとても反りにくい構造となっています。四季の気候の変動が激しい日本にとって心強いギターと言えます。更に強度が増した恩恵によりでネック材により多様な材を使うことも可能になったそうです。様々な要素が関係し、総量の軽量化に成功しています。またボディシェイプも特殊な為、座って弾く際の様々なプレイスタイルにマッチします。



Fanned frets
 扇状に打ち込まれたフレットにより弾きやすさとピッチ感が向上し、とてもリラックスしながらストレスフリーに手首への負担を掛けることなく弾くことが出来ます。指板上の移動、スムースなフィンガリングが可能です。


Endur Neck Profile Neck
 EndurNeckというネックがとても平面な形をしており、親指をこの平面に置くことにより安定性の向上、手首への負担を減らして弾くことが出来ます。またネックグリップトップからネックエンドがハイフレットにかけて1弦側へと移行する形状となっておりより高度なプレイをサポートします。

ざっくりと纏めますと人間工学に基づく多くの要素と様々な独自パーツを使ったマルチスケールのヘッドレスギターとなります。


私も実際に弾いてみましたが、先ず驚くのはその軽さです。肩への負担はとても軽減されます。そして.Strandberg*のこだわりのElementsが詰まっており、レスポンスの早さやサステインの加減も良く、完成度をみてもプレイアビリティを損なうことなく発揮できるギターです。フィンガリングのスムースさ、ストレスフリー、肩、手首への負担の無さはとても良く感じました。ハードな練習等に手首を痛めることなく、より楽しくギターを弾けると感じました。
Ergonomicsって面白いです!

唯、Fanned fretsやEndurNeck等は少し好みが分かれるかな?といった印象です。ヘッドレスなのと独自の要素はどうしても好みが出てしまうかと思われます。プレイされるジャンルにもよるとは思いますがProgressive,Fusion,Metal,Jazz等の方以外にも、またヘッドレスは苦手・・・という方にもとても洗練されたElementsが詰まっているので触る機会があれば是非。とてもユニークなギターです。


Boden CL7
GuitaristであるChris Letchford's Signatureです。
e0153314_2147593.jpg

e0153314_21473856.jpg


Boden8
8弦モデルとなります。
e0153314_21474888.jpg


Masvidalien proto
GuitaristであるPaul Masvidal signatureのPrototypeです。
e0153314_21482836.jpg


Strandberg #1
Strandbergユーザーである方の所有されている大変貴重な#1です。
e0153314_21455950.jpg




またオーダーのWait listが今現在で550人待ちということでその際の状況にはよりますが2~3年は待つことになりそうです。
日本国内にはAES .Strandberg*のギターは12月中にはMusic Land KEY様の方に複数本入荷されるので機会があれば是非1度体験してみてください。(Bodern7,Bodern8,Masvidalien,Boden CL7)


今回の試奏説明会にPlayerの方だけでなく、Luthierの方や、専門の学生の方も来られておりました。
8弦や10弦の多弦のものや、スミソニアン博物館に飾られたドイツのベースブランドのRitterを模した9弦、BlackmachineのB2を模したモノから比較対象にとAgile等を持ちよられた方等皆様の楽器愛が非常に感じられる一時でした。

私が持参していたWAGNUS.Snow WhiteはMasvidalien protoに繋がれておりました。ケーブルを取り出した際に「これは・・・?」「噂のケーブルですね初めて見ました」とお声を戴きました。嬉しい限りです。



とてもフレンドリーに進み、いつの間にか時間が経ってしまうというStrandbergMeeting2013でした。StrandbergMeeting2013に参加し関わった皆様、.Strandberg*のMaster LutiherのOla氏、主催とまたこのギターのDealerであるShun nokina氏に感謝致します。とても楽しい一時を有り難うございました。

大石




by wagnus. | 2013-11-28 22:19 | その他 | Comments(0)

リアルヴィンテージケーブル仕様「Vintage Line Series」始動!!!

Twitter / HaRu_WAGNUS


WAGNUS.の所有する世界遺産的な世界各地の超絶レアなヴィンテージケーブルと
それを使いこなすための膨大なヴィンテージソルダーを組み合わせ、
そのサウンドを知り尽くしたノウハウと豊富な経験を活かした
ポータブルケーブルシリーズが誕生です。

歴史的なケーブル類のサウンドをポータブルオーディオの世界でも
多くお楽しみいただけるようなラインナップを揃え、お届け致します。
当時のリアルなサウンドを忠実に再現する本物を愛する方々へ贈るスペシャルシリーズです。

第一段は1960年代Siemens Blue Grayワイヤー仕様60s Bewölkten Himmel!

60s Bewölkten Himmel(ビブェークテン・ヒーメイル)lは、60年代の西ドイツSiemens社の放送機器用の音声回路用コミュニケーション単線ワイヤーを使って製造。その素線は美しく輝く錫メッキ線で、音はファットでウォーム傾向。適度なエンハンス感があり、特に高域に良い味があります。しかしナロウレンジにはならず、とてもパワフルでエネルギッシュ。ピント感も良好なウェルバランスで、中低域の濃さと単線ならではの定位描写の良さが特徴です。単線の為、少しクールさもありつつ渋く野太いジャーマンヴィンテージらしい音です。音楽ジャンルは問わず、特にその中域の濃さと分離感の良いサウンドは特筆すべきものがあります。時代薫りつつ、現代の音楽ソースも非常にお楽しみいただけるサウンドメイクを施しております。これぞヴィンテージジャーマンサウンドの一旦です。

60s Bewölkten Himmelの写真。 ネーミングの由来はそのブルーグレーカラーのシースからの連想で、「曇り空」という意味です。でも曇った音ではありません(笑) ビブェークテン・ヒーメイルは、ちょっと読み方が難しいので、「曇り空」と呼んでいただければと思います☆


仕様
・ 歴史的に貴重な西ドイツ時代のSIEMENS社のワイヤー仕様
・単線21AWGサイズ、錫メッキ線
・ドイツらしいブルーグレー被膜仕様
・ハンダにもドイツのビンテージソルダーを仕様
・完全限定生産!! 


WAGNUS. 60s Bewölkten Himmel mini-mini cable:12500円


取り扱い
WAGNUS.直販、(株)フジヤエービック店舗


e0153314_1538756.jpg

by wagnus. | 2013-11-27 15:40 | ポータブルオーディオ | Comments(0)

お待たせしました! Soyuz mini-mini cable登場です☆

Twitter / HaRu_WAGNUS


大変お待たせ致しました!

WAGNUS.のポータブルケーブルシリーズの大人気作「Soyuz」の2ラインナップである「Gagarin」「Tereshkova」のが今まで何故かmimi-miniタイプケーブルを出して居なかったことに、はたと気付き(笑)、これは出さなくちゃ!ということで、正式販売開始させていただくことになりました。
お値段は以下の通り。

・WAGNUS. Soyuz "Gagarin" iPod dock:17000円 
・WAGNUS. Soyuz "Tereshkova" iPod dock:16000円


この2つは内部の配線製造方法を変えた2タイプとなり、音質傾向は近いのですが
聴感的に全く異なるサウンドとして製造しました。
色々な実験で創ったのですが、甲乙付けがたくなり、それならということでと
2タイプのSoyuzを出そうということに至りました。
前者は音が太く中域が濃厚で、後者は繊細さと中域に艶感のあるタイプです。


■ケーブルの歴史と詳細
真紅の高級レーヨン網に覆われている内部線材は、Toneflakeのシュガー氏が独自ルートで入手された、超絶レアなソビエト軍時代の中距離弾道ミサイル「SS-10」の配線材として使われていたという代物。細身ながらも、構造は特殊ピンク透明テフロン巻の銅線(細身多数線)となっており、電気電送時にその表皮効果を倍増させられるような仕様で、見た目以上に堂々としたサウンドを奏でます。この配線材は、以前Toneflakeで製造されていた某有名歌手のレコーでイングでも使われているプロ用最高級コンデンサーマイク「T47」「T67」の配線材としても採用された歴史があり、また限定販売したポータブルヘッドホンアンプ「Bialbero Proto1」の音声周りの配線材としても使われています。

そんな貴重な線材を使い、この「Soyuz」は新たに誕生しました・・。
目指したのは、既に販売している「Baby Sheep」&「Sputnik」とも違う、新たな音楽的でナチュラルな最高音質 オーディオケーブルです。

「Soyuz」は幾度も製造の過程でサウンドメイクを行っていくと、どうしても2タイプの中から選べないくらいの良い個性をもったサウンドに仕上がりました。 この2つのタイプの「Soyuz」は内部の配線製造方法を変えたもの となり音質傾向は近いのですが、聴感的に全く異なるサウンドとして製造しました。その2つの「Soyuz」のコード ネームは「Gagarin」と「Tereshkova」。前者は音が太く中域が濃厚でスムース、後者は繊細さと中域に艶感とグルーヴ感あるサウンドを提供します。


仕様
・ 超絶レアなソビエト軍時代の中距離弾道ミサイル「SS-10」の配線材
(Bialberoの内部配線材にも採用されている)
・極細多芯銅線+サーモンピンク色のテフロン巻構造で配線
・真紅高級レーヨン被膜
・ハンダに某歴史的軍用ハンダを使用
(但しGagarin」とTereshkovaには別のハンダを使用しています)
・"Gagarin"にのみスワロフスキー装飾


取り扱い
WAGNUS.直販、(株)フジヤエービック店舗




・WAGNUS. Soyuz "Tereshkova" iPod dock:16000円
e0153314_12134976.jpg


・WAGNUS. Soyuz "Gagarin" iPod dock:17000円 
e0153314_1214793.jpg
e0153314_12141842.jpg

by wagnus. | 2013-11-27 12:16 | ポータブルオーディオ | Comments(0)

WAGNUS.新人・大石によるヘッドホン祭の雑感 #hpfes

Twitter / HaRu_WAGNUS


WAGNUS.新人の大石です。

先日の秋のヘッドホン祭、お越し頂き誠にありがとうございました!遠方から来て頂いた方も居て驚き、また感謝するばかりです。

そして、今回は先日の秋のヘッドホン祭についてのレポートを書きます!

■WAGNUS.
先ずは、自分のブースから筆を取らせて頂きます。


◇「FitEar RE:CABLE」シリーズ
「Voskhod Fit」

今回の当ブースの主役、WAGNUS.の新しい試み、FitEarのリケーブルになります。

FitEarとWAGNUS.のコラボをし 、線材と性能面、そして全てに注力し丁寧にフルハンドメイドにて製造された逸品です。

サウンド面はワイドレンジかつ全域でパワフルなサウンド。高解像度ながらスピード感を兼ね備えたケーブルとなります。試聴に来てくれた皆様にも素晴らしい評価を頂き、大変多くのご予約をいただきました!

此方の製品は11月末より販売となります。ご予約承り中です。


◇Bialbero Epsilon S MAD BK(仮称)
続いて当日急遽、展示可となったBialbero Epsilon Sのマイナーアップグレードタイプです。BK、Bass KING の略称の名を冠する為、Epsilon Sに比べると中低域が強調されるタイプと成ります。

早速、聴いてみるとそのサウンドはEpsilon Sの音の傾向は踏襲し、自然な中低域の押し出しが感じられました。無論Epsilon Sのあくまでも、自然な中低域の量感に留めたチューニングは全く嫌みがなく、その躍動感とその音は圧巻でした。jazz系やベースをもっと強く聴きたい人にとっては非常にお薦めです!

※BKは試作展示品であり通常製品化は致しておりません。


◇「Vintage Line Series」
そして、当日特価品として販売させていただきました「Vintage Line Series」の試作品たち。

毎回、有難いことに瞬殺で売れてしまう WAGNUS.の特価ケーブル類ですが、 今回は多めにつくりましたが、どれもご好評につき凄い早さで売れました!本当にありがとうございます!その中からブース売りしていたものの一部を紹介です。

◇60's BANANA Au Leit mini-mini
米国・ドイツの60年代ビンテージワイヤーを 編み込んで製造した特殊ブレンドケーブル。 大変高性能でレアなケーブルを編み込んでお り、見た目が特徴的な一品です。
サウンドは特徴的な中域の味のあるニュアンスが楽曲の新たな表情を見せるケーブルです。

・Bedecter Himmel mini-mini
ドイツ語で「曇り空」と名付けられた線材です。此方も非常にレアな線材を使い、単線ながらも特有の音の太さ、ウォーム感と中低域に特徴を持ちながらレンジを兼ね備えたサウンドです。ピント感も良好なケーブルです。

その他、多くの種類のケーブルを販売致しました。


以上です。

再度、秋のヘッドホン祭に足を運んでくれた皆様、弊社ブースに来てくださった皆様に心より御礼申し上げます。
此れからもWAGNUS.を宜しくお願いいたします。


大石


by wagnus. | 2013-11-11 21:35 | WAGNUS.全般 | Comments(0)
検索
カテゴリ
ブログパーツ
最新の記事
【真夏の超特大セール】SUP..
at 2018-08-10 16:51
夏季休業のお知らせ
at 2018-08-06 11:58
新型「トープラ販売製 CIN..
at 2018-07-24 14:55
「ポタフェス2018 SUM..
at 2018-07-13 18:58
超良質の1960's “TE..
at 2018-07-13 17:48
最新のコメント
> わかもとさん お問..
by wagnus. at 14:21
現在、Frosty Sh..
by わかもと at 22:01
RCAプラグでバランス接..
by さかい at 18:59
> なおさん お世話に..
by wagnus. at 10:17
配送業者はどちらなのでし..
by なお at 20:50
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 02月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧